最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

夢魔の標的 其の伍

「実は追いはぎ事件の起こった夜に限って、お兄ちゃんの帰りが遅いのよ。しかも、いつも大きな鞄を抱えているし、もしかしたらお兄ちゃんが犯人じゃないのかと」
「考えすぎじゃないの?」
「女の第六感よ」
「そんなもの?」
「真相を確かめるために、これからお兄ちゃんの部屋に侵入するわ。それで蘭子にもついて来て欲しいのよ」
「は? 私を呼んだのはそんなことのために?」
「そうよ。最近物騒なことが多いじゃない。たとえば魔物なんかに取りつかれていたら怖いじゃない」
「で、私をも巻き込もうとしているのね」
「だって、蘭子のところは代々陰陽師家でしょう? 祭礼の時なんか巫女さんの服着て、神社のお手伝いしてるじゃない。祓い櫛かなんかでお祓いしちゃえば」
「あのねえ……。アニメに感化されすぎよ。祓い櫛があれば悪霊退散できるわけじゃないわよ。霊能者が事の始めにまず身を清め、祓い櫛を清め、精神統一して、という具合に順序を踏まなきゃ。だいたい祓い櫛なんか持ってきてないしね」
「そんなあ……」
 がっかりの表情を見せる智子。
「まあ、いいわ。とにかくその部屋を覗いてみましょう」
 立ち上がる蘭子。
 少しでも疑惑が生じたら確認してみるに限る。
 よっしゃあ!
 とばかりにガッツポーズを見せて、智子も後に続く。
「何よ、そのポーズは」
「いえね。蘭子がいれば鬼に金棒かと思ってさ」
「何だかなあ」
 兄の部屋だという扉の前に立つ二人。
「ちょっと待ってね。今、開けるから」
「鍵を掛けてるの?」
「うん。プライバシーを尊重してるから」
「で、なんで智子が鍵を持っているの?」
「あ、これはマスターキーだから」
「マスターがあるなら意味ないじゃない」
「母が管理してるのよ。昨夜事件のことの事情を話したら、疑わしいことがあるのなら、自分の目で確かめなさいって、渡してくれたのよ」
「なるほど……」
 マスターキーを使って、兄の部屋に入る二人。
 男の子の部屋ということで、乱雑になっているかと思ったが、意外にもきれいに片付いていた。
「探すとなれば、ここしかないわよね」
 言いながら、洋服ダンスの取っ手に手を掛ける智子。
 しかし凍りついたように身動きしなくなった。
 開けるのが怖い。
 想像通りだったらどうしよう。
 もし当たっていたら、これからどのようにして一緒に生活していけばよいのか。
 そんな思いが交錯して固まってしまったのである。
 蘭子も、その気持ちを察して、じっと待っている。
 ふっと、ため息をつき、続いて大きく深呼吸して手に力を入れる智子。
 思い切って取っ手を引く智子。
 洋服ダンスの中身が目に飛び込んでくる。
 その場に、へなへなと崩れてしまう智子。
「こんなことって……」
 言葉に詰まって途方にくれる智子だった。
 洋服ダンスには、ワンピースドレスやスカートスーツなどの女持ちの衣装が並んでいた。
「やっぱりお兄ちゃんが犯人だったのね……」
 もはや疑いのない事実となってしまったようである。

ポチッとよろしく!

2017年5月30日 (火)

夢魔の標的 其の肆

 放課後の帰り道。
 一緒の鴨川智子が深刻そうに言う。
「蘭子、お願いがあるんだ。お兄ちゃんのことで相談したいんだけど」
「相談事?」
「うん。うちに来てよ」
「わかったわ」
 というわけで、智子の家に立ち寄ることになった蘭子。
 智子の自室は日の良く当たる南側にあって、窓側から少し離してベッドが置かれ、壁際には勉強机や洋服箪笥、そして中央にはカーペットとガラステーブルが置かれている。
「ちょっと着替えるね」
 女子高生服を脱いで普段着に着替え、制服をハンガーに掛けて壁際に吊るす。
 ドアがノックされて母親が顔を見せた。来客のためにジュースとお菓子を持ってきてくれたのだ。気の利くやさしい母親のようだ。
「どうぞ、ごゆっくり」
 甘いものには目がない智子。早速用件はそっちのけでショートケーキを頬張りはじめた。
「智子、太るわよ」
 蘭子が注意するが馬耳東風である。
「これだけは止められないのよね。ショートケーキ」
 最近太り気味の智子であるが、スカートのウエストが合わなくなって着れる服が少なくなって困っているという。にもかかわらず甘いものを断ち切ることができないでいるという。
 呆れながら蘭子もショートケーキを頬張りはじめた。嫌いではないが好きとも言えないところ。それに蘭子は武道をたしなんでいるので、これくらいのカロリーはすぐにエネルギーとして消費されてしまうのだ。
 ショートケーキを食べ終えた二人。
「そろそろ用件の方を聞かせてもらえないかしら」
 本題に入ることを促す蘭子。
「ここ最近だけど追いはぎが夜に出没するようになったの知ってる?」
「知ってるわよ。若い女性を襲っては着ている服を脱がして持ち去ってしまう事件でしょ」
「そうなのよ。しかも首筋にくっきりとキスマークも付けられているの。これが牙が刺さった跡で血でも抜き取られていたらドラキュラなんだけど……。で警察は単なる物盗りということで本腰を入れてないみたいなのよね。これでは四天王寺の事件みたいに迷宮入りよね」
「それで?」
「ここからが本題よ」
 智子の表情が少し険しくなった。姿勢を正して座りなおすと、とつとつと話しはじめた。

ポチッとよろしく!

2017年5月29日 (月)

夢魔の標的 其の参

 昼休みとなった。
 女子生徒達は教室のあちらこちらにグループを作って、それぞれに弁当箱を広げて談笑している。
 鴨川智子、芝桜静香、風祭洋子、そして蘭子を加えた中学校からの仲良し四人組もまたその中の一つであった。
「ところでさあ……。この間の変死事件だけど、結局迷宮入りになりそうよ」
 グループの中でも、いち早く噂話や事件の裏話などを仕入れてくる、情報屋と呼ばれる静香が話題を提供した。
「ああ、四天王寺公園で全身の血を抜かれて死んでいた、うちの学校の生徒のことでしょう?」
 ぴくりと眉を吊り上げる蘭子。
 ある夜のことを思い出していた。

 夜の公園に悲鳴があがる。
 一人の女子高生が怪物に襲われている。
 恐怖に引きつった顔、あまりの恐ろしさに身動きできない。
 つつと怪物から触手が伸びていく。
「まるで、蛭のようだな」
 どこからともなく声が響く。
 振り返った怪物の視線の先の木陰から現れる巫女装束の少女。
 陰陽退魔士、逢坂蘭子だった。
 次の瞬間。
 その手元から呪文の書かれた呪符が飛び、怪物の身体に張り付いた。
 ぐぉー!
 うめき声を上げる怪物。
「どうだ。身体を動かせないだろう。おまえのような低級妖魔には呪符だけで十分だ。どうやら昨夜の件もおまえの仕業のようだ」
 蘭子が呪文を唱えながら、右手をゆっくりと水平に上げると、その指先に青い炎が点った。
「清浄の炎よ。邪悪なるものを永遠の闇に返せ」
 蘭子が右手を前方に振り出すと、青い炎が宙を舞って怪物の身体に取り付き、一瞬にして燃え上がった。
 ぐあああ~!
 苦しみもがく怪物。
 やがて跡形もなく消え去ってしまう。

 地面にへたり込んで呆然としている少女。
 歩み寄り、その額に指先を当てながら、
「眠るが良い。そして今宵のことはすべて忘れることだ」
 呪文を唱える蘭子。
 やがて目を閉じて眠るように横たわる少女だった。

 すっくと立ち上がり、闇夜の中へと消え去る蘭子。

「蘭子! 聞いているの、蘭子?」
 すぐ目の前に智子の顔があった。
「ああ……済まない」
 過去に思いを馳せていた自分を現実に引き戻す蘭子。
「何を考えていたの?」
「いえ、何でもないわ」
「そう……」
「それで、何か用かしら」
「食事が済んだら、他のみんなを集めてボール遊びでもしようという話よ」
 風祭洋子がバレーボールを片手で宙にぽんぽんと弾ませていた。
「ああ、その話ね。わかったわ」
 新入学したばかりで、各中学校から集まったクラスメート達とは馴染みのない者も多かった。そこで昼休みにバレーボールに興じながら親睦を図ろうというものだった。
 すでに食べ終わっていた弁当箱を鞄に収めて立ち上がる蘭子。
「さて、行きましょうか」

ポチッとよろしく!

2017年5月28日 (日)

夢魔の標的 其の弐

 大阪府立阿倍野女子高等学校へと続く通学路の小道。
 女子高制服に身を包んだ一団が次々と通り過ぎる。
 スクールゾーンとなっているこの時間帯には自動車は通れない。
 ために、道いっぱいに広がってゆったりと歩いている。
 その中に、逢坂蘭子の姿もあった。
 春のそよ風に、そのしなやかな長い髪がそよぎ、つと掻き揚げる仕草には、まさしく今時の女子高生の雰囲気をかもし出していた。
「蘭子~!」
 と、突然背後から声が掛かった。
 立ち止まり、振り返ると、同級生の鴨川智子が小走りで駆け寄ってくる。
「おはよう、智子」
「おはよう、相変わらず早いわね、蘭子」
「門限ぎりぎりに駆け込むというのは、性にあわないのでね」
「何事にも、心にゆとりを持って行動する……ってか?」
「そういうこと」

「おはよう!」
「おはようございます」
 見知った友達同士や先輩・後輩が挨拶を交わしながら、次々と学校の校門をくぐり、自分たちの教室へと向かう。
 1年3組とプレートの掲げられた教室の前。
 蘭子と智子の二人が中へ入っていく。
「おっはよう!」
 手を上げて大きな声で先に来ていたクラスメートに挨拶をする智子。
「おはよう智子。相変わらず元気ね」
「元気が取り柄やからね」
「おはよう蘭子」
「おはよう、静香」
 たちまちのうちに仲良しグループが集まってくる。
 そしていつものように他愛のない会話がはじまる。
 昨晩のTV番組のことや、誰それが男の子と云々とか話題は尽きない。
 やがて予鈴がなって、それぞれの自分の席へと分かれて授業の始まりを待つ。

 一時限の授業がはじまる。
 教本を読む教師、名前を呼ばれて立ち上がり、指定された箇所を読誦する生徒。
 黒板に書き綴られた内容を、ノートに書き写す生徒。
 蘭子もまたそんな生徒の一人として、窓際の席で楚々として授業を受けていた。

 どこの学校でも見られるごく普通の授業風景であった。

ポチッとよろしく!

2017年5月27日 (土)

夢魔の標的 其の壱

 翌朝となった。
 逢坂家の食堂にて、家族が朝食をとっている。
「おはようございます」
 そこへ女子高制服に身を包んだ蘭子が眠たそうに入ってくる。
「おはよう」
 蘭子が自分の席に着くと、母親が早速ご飯と味噌汁をよそってくれる。
「どうした浮かぬ顔をして……」
 父親が不審そうに尋ねる。
「いえ……。最近、夜毎に妖気を感じて目が覚めるのですが、しばらくすると消えてしまうのです」
 昨夜のことを事細かに報告する蘭子。
「うーん……。それはあれだな。その妖気の正体は、人間という依り代を必要とする妖魔なのであろう」
「憑依型の妖魔ですか?」
「そうだ。妖魔が人間に憑依するには、誰でも良いというものではない。輸血や臓器移植に血液型などが合わないとだめなように、妖魔と依り代となる人間との因果関係が必要なのだ」
「因果関係?」
「それが何かはいまだに判らぬことが多い。ともかく妖魔は憑依できる人間を見つけたというわけだ。しかし人間が明瞭な自我を持っていては憑依できない。そこで自我を崩壊させるために、眠っている間にその精神に入り込んで、毎夜悪夢を見せ続けるのだ。その時に一時的に実体化して妖気を放っているのかも知れない。それをおまえが察知したというわけだ」
「そういうことでしたか……」
「自我を崩壊させるのには、性急し過ぎてもだめだ。自我だけでなく魂までも殺してしまうことになる。人間が生きるには肉体と魂が必要だからな。魂までも殺さないようにして、じわじわと悪夢を見続けさせる」
「そして自我を崩壊した人間は、妖魔に憑依されて実体化すると」
「やっかいなのは実体化するまでは手が出せないし、実体化したらしたで依り代となった人間には傷をつけることなく、妖魔だけを退治するのは至難の技ということだ。おまえの持つ虎徹が必要になるな」
「はい……」
 唇をぎゅっと噛みしめる蘭子だった。

ポチッとよろしく!

2017年5月26日 (金)

序章・蘭子登場!

 大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16。
 熊野街道沿いに安倍晴明神社(あべのせいめいじんじゃ)がある。
 安倍晴明公は、天慶7年(944年)、この地に生誕し、のちに天文陰陽推算の術
を修め、「葛の葉子別れ」の伝説で広く知られている。
 この物語は、その安倍晴明が活躍した世代から、約十世紀余の現代にはじまる。
 草木も眠る丑三つ時。
 安倍晴明神社からほど遠くない所にごく普通の住宅がある。
 その二階の一室で眠る一人の若き少女。
 本編の主人公であり、枕元には先祖代々受け継がれた妖刀を収めた小柄が、夜の闇
に怪しげに輝いている。
 少女の名は、逢坂蘭子。
 安倍晴明の血筋に繋がり、陰陽道の妖術の使い手でもあったが、その寝顔を見るに
つけてもごく普通の女の子にしか見えない。
 それもそのはずで、近くの大阪府立阿倍野女子高等学校に通う、今時の女子高生な
のだから。
 窓のカーテンは開け放たれており、夜を照らす月の光が差し込んでいる。
 その月を真っ黒な雲が覆い隠し、物音しない夜の空間に闇を作り出した。
 と、突然だった。
 枕元の小柄が、微かに震え始めた。
 その小柄に向かって、白くて細い指先が伸びて、それを掴んだ。
「妖気……」
 異変を感じて目を覚ました少女は、あたりに漂うただならぬ気配を感じ取っていた。
 何も言わず、静かに寝巻きを脱いで裸になる少女。
 そして和箪笥から、この時のための装束である巫女服に着替え始めた。
 巫女服は、少女にとっては戦闘服でもあった。
 巫女服に着替えた少女。
 彼女の名前は……。
 陰陽退魔士「逢坂蘭子」

はじめまして(^_-)-☆

はじめまして(^_-)-☆

オンライン小説を書いていましたが、サイトがハッカー攻撃でアクセス不能に( p_q)エ-ン
改めてこちらで連載させて頂こうと思います。
とりあえず第一章は毎日連載しようかと思っています。
ということで宜しくお願い致します。(*- -)(*_ _)ペコリ

最初から読みやすいように古い順に表示してありますので、
最新記事を読む時は右側の最新リストからどうぞ(*- -)(*_ _)ペコリ

トップページ | 2017年6月 »