最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« す、吸い込まれる~!トラップだ~!!(その2) | トップページ | 銀河戦記/第四章 情報参謀レイチェル VI »

2017年10月 6日 (金)

梓の非日常/第一章 母娘の絆

梓の非日常/第一章 生まれ変わり

(九)母娘の絆  帰国当時の回想シーンが終わって現在に戻る。  郊外を走るファントムVI。 「もう三年になるのね」  絵利香が感慨深げにつぶやく。 「あれ以来、本物の女になるため血を流すような特訓を」  拳を握り締める梓。 「してないじゃない。元々から女の子なんだから。最初から女の子らしい仕草とかち ゃんと身についていたもの」 「そうでした」 「まあ……最初の頃はとまどいもしたけど、もうすっかり違和感なくなっちゃったも のね。二人だけの思い出とかちゃんと覚えているから、会話が途切れることもなかっ たし。そんなことより、道場に通って柔道やら空手やら始めちゃうんだもの。わたし はついていけなかったんだから、寂しかったのよ」 「ごめんね。でも、武道をはじめたのはそれなりの理由もあるんだよね」 「理由?」 「白井さんから聞いたんだけど、あたしの車のブレーキが効かなくなるように細工さ れていたというし、あの暴走トラックも盗難車で、犯人は未だに捕らえられていな い」 「何者かが、梓ちゃんの命を狙っていたと?」 「さすがに勘がいいわね。そうなのよ、あたしがニューヨークからこっちに来たその 日に連続して事故が起きてる。これって、単に偶然が重なっただけだと思う?」 「思えないわね」 「暴走トラックの前で足がすくんで動けなくなるようじゃ、命がいくつあっても足り ないわ。今後もいつ暴漢に襲われるとも限らないし、鋭敏な反射神経と運動能力、窮 地に際しても動じない精神力を養うために、自分の身を守るために麗香さんに頼み込 んで、護身術をはじめたの。麗香さんは護身術のエキスパートだったから」 「ふうん……そうだったの。でも入学式の時も、その次の日の時も、わざわざ自分の 方から渦中に飛び込んでいったんじゃなくて? 確かに以前にも増して女の子らしく はなっているけど、護身術を覚えてからは好戦的になっちゃったのよね。これって男 の心がまだ色濃く残っているってことかしら」 「そ、そうなのかな……」 「ねえ、約束してくれない。男の子にからまれたりしたら、まず逃げることを先に考 えてね。女の子なんだから、恥じることなんかないのよ。戦う時はどうしても逃げら れなくなった時だけにして」 「努力します」 「もう……」  ファントムVIが真条寺邸に到着し、車寄せに入る。  いつものように麗香以下のメイド達がずらりと立ち並んで、屋敷の主人である梓の 帰宅を出迎えている。執事を除いて総勢三十名に及ぶ女性だけの出迎えである。 「そうねえ。確かに女だけの城って感じね……共学校に行きたくなるのも無理ない か」  絵利香が呟く。実際には調理師、庭師や営繕士など、縁の下の力持ちである男性も 大勢いるのであるが、梓の前には表立っては出てこない。 「お帰りなさいませ、お嬢さま」 「ただいま」 「あら、今日は絵利香さまもご一緒ですか」 「うん。泊まるから用意しておいて」 「かしこまりました」 「今晩も、おせわになります。麗香さん」 「いえ、お気がねなく。ごゆっくりしていってください」  とその時、梓の膝のガーゼに麗香が気がついた。 「あ! お嬢さま、その足はどうなされたのですか」 「ああ、学校で転んで擦りむいたの。たいしたことないわ。心配しないで」 「そうですか……?」  梓の喧嘩好きなことを知っている麗香は、なおも不審そうだったが、心配するなと 言われたからには仕方がない。  しかしながらも、 「お嬢さまが、お怪我なされた!?」  というニュースはたちどころに屋敷中の使用人達の耳に届くところとなった。  玄関から続く吹き抜けのホールには、大勢の使用人達が梓を囲むという状況をうん だ。メイドはもちろんのこと、お抱えの料理人、美容師、営繕士、庭師達などが一斉 に駆けつけてきたのである。 「お嬢さま、大丈夫ですか?」  口々に叫んで、梓の傷を心配している。 「み、みんな。心配してくれてありがとう。たいしたことないから、お仕事に戻って ね」 「ほんとに大丈夫ですか?」  と、なおも気遣いながらも使用人達はそれぞれの持ち場に戻っていく。 「ほんっと梓ちゃんて、使用人の誰からも愛され、大切にされているのよね」 「まあね……さて、お母さんに会わなくちゃ」 「首を長くして待ってるでしょうね」  二人と麗香が向かった先は執務室である。 「麗香さん、お願い」  言いながらソファーに腰掛ける梓と絵利香。 「かしこまりました」  麗香が、窓際にある大きな机の上にあるコンソールを操作すると、二人が腰掛けて いるソファーの前の壁にあるパネルスクリーンに映像が映しだされた。  そこに現れたのは、同じようにソファーに腰掛けている梓の母親の渚であった。そ の後ろには渚の世話役についている恵美子が待機している。 『ただいま、お母さん』 『お帰り、梓』  一同が対峙しているのは、この屋敷とニューヨークのブロンクス本宅とをホットラ インで結んでいるテレビ電話であった。  渚は特別な用事がない限り、ブロンクス本宅にいる。愛娘を日本に残しているのは 心苦しいが、真条寺財閥グループの執務を取り仕切るためには仕方のないことであっ た。  梓は、その日にあった出来事を逐一報告するのが、毎日欠かさず続けられている日 課となっていた。  渚は、梓が幼少の頃から保育園や小学校でその日にあったことや感じた事を話させ ていたし、梓自身も一言漏らさず聞いてくれ相談にのってくれる母親と対話すること が楽しかったのだ。ここで特筆すべきことは、それが梓だけでなくいつも一緒にいる 絵利香に対しても行われていたことである。渚は、しつけに関しては、梓と絵利香を 分け隔てたことがなかった。自分の監視下にあるかぎり、娘と他人の子供とを区別し ないのが、渚の教育方針だ。絵利香に軽い虫歯を見つけた時などは、本人がぐずった り泣き出したりしても、なだめたりすかしたりして、徹底的な虫歯治療と滅菌処理を 施したものだった。おかげで絵利香には現在虫歯一本ないどころか、梓と同じく完全 無欠の健康歯肉を保っている。  そんなスキンシップ的な日常が今日まで続いているわけで、離れ離れになっても母 娘そして渚と絵利香との深い絆は変わることなく存続していることをしめしていた。 『それで、入学式はどうだった?』 『入学式は退屈だったわ。あくびの連発よ』 『そうね。日本の儀典というのは堅苦しいから。でも絵利香ちゃんは、首席入学で新 入生代表として答辞を述べたんでしょ』 『答辞といっても、学校側が用意してくれたのを、読み上げただけです』 『ふん! 漢字を読むスピードがもう少し早ければ、もっといい点が取れてたのにね ……代わりに答辞を読んだのはあたしだったのよ』  絵利香が誉められているのに気分を害している風の梓。それに気づいて渚が言葉を つなげる。 『はいはい。梓ちゃんは次席だったわね。えらいわよ』 『ふふん』  鼻を鳴らして納得する梓。 『それはそうと、聞いてくださいよ。梓ちゃんたら、空手部に入っちゃったんですよ。 どう思います?』 『空手部?』 『そうなんですよ。無骨な男達ばかりいる格闘技のクラブですよ』 『梓ちゃんらしいわね』 『ねえ。いいでしょ、お母さん』 『そうねえ……。あなたがどうしてもというのなら反対はしない。ただし、条件はわ かっているわね』 『わかってるわよ。ピアノの稽古を絶やさないことでしょ。それと鍵盤を叩く手指を 壊さないように無茶はしないこと』 『そうよ。いかにピアノの才能があったとしても、毎日の稽古があってのこそ。あな たの音感的才能を失いたくないの』 『梓ちゃん。母親の愛情は無碍にするものじゃないわよ』 『もう……絵利香ちゃんは、お母さんの味方だもんね』 『あなたのこと、心配してるのよ』  ちょっとした口論になりそうなところを渚がやんわりとさとした。 『二人とも、喧嘩しないで仲良くね』 『喧嘩するわけありませんわ』 『そうそう』  渚のそばに立っていた恵美子が耳打ちする。 『ごめんなさい。二人とも時間がきたみたい』 『そっかあ、もうそんな時間か』  梓が残念そうに答えた。こちらは夕刻であるがあちらは朝方、仕事をはじめる時間 がきたというわけである。 『二人ともしっかりお勉強するのですよ』 『はーい』  二人が同時に元気よく返事をする。 『麗香さん。二人の事お願いします』 『かしこまりました』 『それじゃ、元気でね』 『うん。また明日ね』  スクリーンの映像が消えた。 第一章 了

ポチッとよろしく!

« す、吸い込まれる~!トラップだ~!!(その2) | トップページ | 銀河戦記/第四章 情報参謀レイチェル VI »

梓の非日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« す、吸い込まれる~!トラップだ~!!(その2) | トップページ | 銀河戦記/第四章 情報参謀レイチェル VI »