最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/第六章 カラカス基地攻略戦 V | トップページ | 銀河戦記/第六章 カラカス基地攻略戦 VI »

2017年11月 1日 (水)

梓の非日常/第三章 牧場にて

梓の非日常/第三章 ピクニックへの誘い

(六)牧場にて  神原牧場が見えてきた。  なだらかかに連なる丘の一面に広がる明るい緑の牧草が広がっており、そのいたる ところで牛たちが放牧されている。遠くには新緑鮮やかな山々の峰。  赤レンガ造りの牛舎、干し草を貯えるサイロ、乳製品を作っている工場。  やがてバスは、ロッジ風の造りの建物の前に停車した。たぶん牧場の施設の中で、 観光客を迎えるために作られたのだろう。 「最初の目的地に着きましたよ。ここでは食事休憩と、自由参加で牛舎での乳絞り体 験をしていただきます」 「さあ、みんな降りるぞ。貴重品は手に持ってな」  下条が降車を促す。  ぞろぞろとバスから降りてロッジ風の建物に入る一行。  中へ入ると、牧場らしくチーズやバターなどの乳製品の直販所や、どこにでもある 根付けや絵葉書などの観光物産品売り場などの各店舗が並んでおり、隅にはこじんま りとしたゲームコーナーもある。 「城東初雁高校のみなさま、お食事の場所は二階となっております。お食事の準備は 整っておりますので、お買い物などは後回しにされて、どうぞお二階へ上がってくだ さい」 「めしだ、めしだ」  慎二が急ぎ足で二階へ上がって行く。 「慎二は食べる事しか頭にないようだな。らしいといえばらしいけど」  一同が二階へ上がり食卓の上を見ると、数々のフランス料理が並んでいた。 「わーお、すごい!」  牛フィレ肉ステーキのマデラ酒ソース。ホワイトとグリーンアスパラガスの焦がし バターソース、パルメザンチーズ添え。まながつおの蒸し焼き赤ワインソース。モッ ツァレチーズのトレビス巻きトマトソース。そして若者達の腹を満たすためのパンか ライスを希望者に。 「なんだ牧場での昼食だから大盛りのビーフステーキが出るかと思ったのに」  慎二が不満を漏らす。 「牧場といってもここは、乳牛しか飼っていない観光牧場だよ。んなもん、出るか よ」 「でもちゃんと牛肉も出てるじゃない」 「こんなに出して、予算オーバーじゃないの?」  梓が絵利香の耳元で囁く。都内のレストランならゆうに一万円からしそうだ。 「ああ、それなら大丈夫。見た目は豪勢だけど、一度に大量にがしゃがしゃと適当に つくってるから。食材も、国際観光旅行社が運営するレストラン事業部が、一括大量 仕入したものを使ってるし。一流のシェフが一品ずつ丹精込めて作ってるわけじゃな いから。だから梓ちゃんのお口に合うか、味の保証はできないわよ」 「なんだ……心配して損した」 「団体客向けの特別メニューでね。観光案内書には、その辺の事情はちゃんと説明し てるから、詐欺にはならないでしょう」  一流シェフによる本格フランス料理を毎日食している梓のような人物は別格だ。一 般庶民が口にするには、目の前のフランス料理でも十分堪能するだけの、ボリューム と食感があるはずである。 「しかしフランス料理ってのは、なんでこうも量が少ないんだ。一口・二口でぺろり だぞ。ライスがなかったら腹の足しにもならんな」 「がつがつ食う奴だな。料理は味わって食えよ」 「んなもん、胃袋に入ってしまえばみんな同じだよ。ウェイートレスさん、ごはん大 盛下さい!」  慎二の食べ方は、料理を味わうというよりも、ご飯におかずという図式であった。 牛フィレステーキも、アスパラガス・バターソースもご飯をかっ食らうための単なる おかずなのだ。 「おまえには、シェフの心遣いなどとうてい理解できないな。何食っても同じという ことか。覚えておくよ」

ポチッとよろしく!

1

« 銀河戦記/第六章 カラカス基地攻略戦 V | トップページ | 銀河戦記/第六章 カラカス基地攻略戦 VI »

梓の非日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/第六章 カラカス基地攻略戦 V | トップページ | 銀河戦記/第六章 カラカス基地攻略戦 VI »