最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/第十三章 ハンニバル艦隊 II | トップページ | 銀河戦記/第十三章 ハンニバル艦隊 III »

2018年2月21日 (水)

梓の非日常/終章・生命科学研究所 研究員

梓の非日常/終章・生命科学研究所

(三)研究員  準備が整ったというので、病院から連絡通路を通って研究所へ向かう。  早速最初に行う核磁気共鳴断層撮影装置(MRI)、及び明日の予定として陽電子 放射断層撮影装置(PET)に掛かることになった。前者は物理的な傷害があるかど うかを調べるため、後者は精神的な大脳活動状態を調べるためのものだ。  MRIは強い静磁場の中にあるプロトン(水素原子核)に対して、一定の電波を照 射したり切ったりすることで、組織内でのプロトンの動静を観察診断する装置。  PETは、日本ではあのノーベル賞研究者のいる島津製作所が製造している。放射 性フッ素を添加したFDGという特殊なぶどう糖を投与して、通常の細胞より増殖力 が強くエネルギー代謝量の多い、数ミリ規模の極微小がん細胞を発見するのがその主 な診断目的だが、大脳活動状態を調査するためにも利用される。何せ大脳はがんでな くても、ぶどう糖を大量消費する臓器だ。活動している部位と休眠している部位の差 がくっきりと現われる。  それから小一時間後、MRIでの診断を終えて、装置室から出てくる梓。 「さすがに、緊張したわね。しかし、あのうるさい音はどうにかならないのかしら」 「仕方がありませんね。あれが診断装置の特徴ですから。強磁界を発生させるために、 60から80ホンの音がする装置の欠点ですね」 「あれ? いた!」  姿を見失ったあの長岡母が、研究者らしき人物と話している。そしてお辞儀をして 別れて行く。  よし、今度こそ。  研究者の後を追い掛ける梓。長岡母の方を追ってもしかたがない。何しに来たかは、 研究者を調べる必要がある。 「あ……? お嬢さま、どちらへ」 「ちょっと用があるから、先に行ってて」  麗香には構わず、研究者を見失わないように小走りで走って後を追う梓。  研究者は、長岡母を見失った所の階段を降りて行く。 「地下か……」  降りて行った先にはいくつかの研究室らしき部屋と、通路の一番奥にある仰々しい 造りの頑丈そうな扉があった。研究室の扉はすべて自動ロックで鍵が掛かっているは ず。出入りするにはIDカードが必要だ。  梓はそちらよりも正面の頑丈な扉の方が気になった。梓の勘が、さっきの研究者は こちらだと訴えている。 『これより研究者以外立ち入り禁止』  というメッセージプレートが掲げられている。どうやら特殊なセキュリティーロッ クで守られた機密区画のようだ。壁にはロック解錠用のIDカード挿入口の他に指紋 照合機とと思われるガラスプレートが設けられていた。 「だめかあ……」  諦めかけたが、 「そう言えば、あたしもIDカード持ってたわねえ……」  IDカードを、麗香から渡された時のことを思い出してみる。 『このIDカードに組み込まれた超LSIチップには、お嬢さまのデータが特殊暗号 コードで記憶されています。真条寺家が運営・所有するすべての施設に入場すること ができます」  と説明してくれた。確か指紋をスキャンされたこともある。  そして、この研究所は真条寺家が運営している。 「ということは……使えるかも知れないわ」  自分の持っているIDカードは麗香に預けてあるバックの中。しばし考えてそれを 使ってみようと一旦戻ることにする。 「どちらに行かれていたのですか?」  梓の姿を見るなり質問されるが、 「ちょっとね……。バックを返して」 「あ、はい。どうぞ」  早速中を開けてIDカードがあるのを確認する梓。 「病室に案内します」  今すぐ戻るのは無理のようだ。麗香に不審がられないようにこの場は諦めよう。麗 香は用事があって一旦屋敷に戻ることになっている。その時を待ってから行動に移る ことにしよう。  麗香に着いて行くと、見慣れた通路を通っている。かつて交通事故で入院していた、 あの時の部屋に向かう通路だ。  一般の患者の姿は一切見られない。総婦長室やら院長室が途中にあって、専用の看 護婦待機部屋のある個室の病室。 「こちらのお部屋でございます」  やっぱりそうだ。 「ここって、以前いた部屋だよね」 「はい。ここがVIP個室になっておりますから」  中に入ると、ホテルの一室と見違えるような設備のある個室となっている。TV・ 冷蔵庫はもちろんあるし、空調設備や専用のバス&トイレ付き。壁は完全遮音になっ ており一切の音が洩れることがなく、外から入ってくることもない。窓ガラスに至っ ては、あらゆる狙撃銃を持ってしても貫くことのできない防弾ガラス仕様。 「明日は午前九時よりPETによる診断となります」 「あの巨大な装置に入るのは、かなりしんどいんだよね」 「はい。ですからMRIと分けて、二日がかりで行っています。とくにPETは精神 状態でずいぶんと変わってしまいますからね」 「ま、いいけどね……」  といいながら応接ソファーに腰掛けてTVをリモコンでつける梓。  番組は相撲中継だった。 「着替えはこちらのクローゼットに置いておきますね」 「うん……」 「わたしは一旦屋敷に戻ります。何かありましたら備え付けの電話でご連絡ください」 「わかった……」 「それでは失礼します」  麗香は出ていった。  しばらくTVの画面を見るとはなしに見続ける梓だったが、 「……行ったみたいね」  と動きだした。  目指すは例の場所。  もちろんIDカードを持って。

ポチッとよろしく!

11

« 銀河戦記/第十三章 ハンニバル艦隊 II | トップページ | 銀河戦記/第十三章 ハンニバル艦隊 III »

梓の非日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/第十三章 ハンニバル艦隊 II | トップページ | 銀河戦記/第十三章 ハンニバル艦隊 III »