最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 外伝 ミッドウェイ撤退(2) | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 外伝 ミッドウェイ撤退(3) »

2018年3月11日 (日)

梓の非日常/終章・生命科学研究所 慎二登場!

梓の非日常/終章・生命科学研究所

(十一)慎二登場!  その時だった。  目の前の炎の中に、黒い影が動いた。  かと思うと、次の瞬間にその炎の中から飛び出してきた人物がいた。  頭部を庇っていた上着を取ったその人物は? 「し、慎二!」 「じゃーん! お助けマン登場!」  まさしく、あのスチャラカ慎二だった。  炎の中をかいくぐってきたせいで、髪はちりぢりになり、衣服は焼け焦げて今なお くすぶっていた。 「なんで、おまえが」 「その言い方はないだろう。命がけで飛び込んできたのによ」 「セキュリティードアはどうしたんだ?」 「うん? あのドアか? 開いていたぞ。たぶん逃げ出した奴が開けたままにしたん だろう」 「馬鹿な……」 「梓ちゃんこそ、どうして逃げ出さないんだ」 「おまえなあ……。この状況で逃げ出せると思うか? 命知らずのおまえとは違うん だ」 「そうかあ、女の子だもんな……」  と言いながら梓の意図を理解した。そして梓が持っているマスクに気がついて、 「いいもん持ってるじゃないか。もう一つないのか?」 「ああ、これならそこの棚に入っているよ」  梓が指差す棚から、それを持ってきて尋ねる。 「これ、どうやるんだ?」 「調整弁が付いているから、それを回せばいいんだよ。あまりたくさん開くなよ、た だでさえ火の勢いが増すからな」 「あはは、これくらいでどうなるもんじゃないだろ」 「気持ちの問題だよ」 「このボンベ一本で、どれくらい持つんだ?」 「せいぜい三十分が限度だろう」 「そうか……。後五本あるから、二人で一時間ちょっとだな」 「そんな問題じゃないだろが。この状況が判らんのか?」  どう考えても一時間持たないだろう。  炎が広がっているのはもちろんのこと、それ以上に室温が上がって耐え切れなくな るだろう。スプリンクラーは作動していないが、空調が回っているらしくて煙と発生 した熱のいくらかはそちらへ吸い込まれている。しかし限度というものがある。背後 の壁に掛かっている温度計は五十度を回っていた。 「ここにはスプリンクラーはないのかよ」 「たぶん大量の化学物質があるから、水と反応して有毒なガスが発したり、よけいに 燃え上がったりするかも知れないから、あえて止めているのかもな」 「じゃあ、部屋の中に炎を避けられるようなものはないのか?」 「冷蔵庫ならあるが」  梓が指差したそれは、薬品を冷蔵するするもので、人が入れるような容量はなかっ た。 「頭を突っ込めば少しは涼しくなるだろう」 「こんな時に、よくもそんな事を言ってられるな」 「気休めだよ」 「例えば地下通路への隠し扉とかないのかよ」 「んなもん、あたしが知るわけないだろう。仮にあったとしてもな」 「そ、そうだ。電話とかないのか?」 「電話かけてどうするんだ。外と連絡が取れたってどうすることもできないだろが。 人助けは出前じゃないんだぞ。一応電話はあるにはあるがな」 「連絡してみたのか?」 「繋がらないよ。回線が火事で溶けて切れたのかも知れないし、或いは……」 「或いは……?」 「いや、なんでもない」  それからしばらく炎を見つめている二人だった。 「なあ……」  梓がつと口を開いた。 「なんだよ」 「こうなることは想像できただろうに、どうして飛び込んできたんだ。それともそれ すらも判らない馬鹿なのか?」 「なあに、死ぬときは一緒と思ってな」 「よく言うよ」  それからまたしばらく沈黙が続いた。  炎に照らされて二人の顔が赤く染まり、暗く沈んでいる表情を明るく見せていた。 「なあ、慎二」 「なんだ?」 「おまえ、あたしのこと……好きか?」  梓が突拍子もないことを口にした。  しかし平然とそれに答える慎二。 「ああ……好きだよ。そうでなきゃ、こんなところに飛び込んでこねえよ」 「だろうな……」 「それがどうした? 梓ちゃんは、俺のこと嫌いか?」 「いや……好きだよ」 「そうか……それを聞いて安心したよ」  続いて再び。 「なあ、キスしよか」  唐突に梓が言った。 「キス?」 「してもいいよ。ほっぺでも唇でもお望みのところにね」 「遠慮しとくよ」 「そっか……。せっかく」  再び沈黙する二人。  今度は慎二の方が先に口を開いた。 「なあ、もう諦めたのか?」 「え?」 「だから、生き残ることだよ」 「そうだね……。正直言って諦めてるよ」 「俺は、まだ諦めちゃいないぜ」 「そうは言ってもこの状態じゃ……」

ポチッとよろしく!

11

« 銀河戦記/鳴動編 外伝 ミッドウェイ撤退(2) | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 外伝 ミッドウェイ撤退(3) »

梓の非日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 外伝 ミッドウェイ撤退(2) | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 外伝 ミッドウェイ撤退(3) »