最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 続 梓の非日常・第四章 峠バトルとセーターと 民家にて | トップページ | 続 梓の非日常・第四章 峠バトルとセーターと 暴走族再び »

2018年5月30日 (水)

銀河戦記/鳴動編 第十六章 新艦長誕生 VI

第十六章 新艦長誕生

                 VI  カラカス基地司令部にある、ランドール提督のオフィスを訪れるリンダとジェシカ。  秘書官のサバンナ・ニクラウス中尉に出頭命令に応じて来訪したことを告げる。 「お待ちしておりました。少々お待ちください」  インターフォンを取って中に居るランドールに連絡を入れるサバンナ。  「リンダ・スカイラーク中尉がいらっしゃいました……。はい、判りました」  受話器を置いてから言った。 「どうぞ。お入りください」  正面のドアが開いた。 「リンダ・スカイラーク中尉。入ります」  ドアをくぐって中に入るリンダ。  正面の大きな机に威風堂々のランドール提督が腰掛けており、周りには見慣れた人 物達が立ち並んでいた。少佐の制服も凛々しいパトリシアを筆頭にガデラ・カインズ 中佐、ディープス・ロイド中佐、スザンナ・ベンソン艦長、そしてリーナ・ロングフ ェル大尉もいた。ゴードンはシャイニング基地方面で、哨戒作戦任務で出撃中である。 「リーナ!」  まさか、やっぱり報告したの?  と疑問が再び湧き上がる。  しかし提督の表情はにこやかで、とても注意されるような雰囲気ではなかった。周 囲の参謀達も和やかであった。 「リンダ。休息中のところ済まなかったね」 「い、いえ……」 「このやかましのジェシカの下で、セイレーンの艦長として日頃から激務をこなして くれて感謝している」 「提督! そんな言い方しないでください。まるでわたしが苛めているみたいじゃな いですか?」  ジェシカが横から口を出した。 「違うのか? このリーナから日頃の君の様子を聞いているがね。何かにつけて苛め て遊んでいるそうじゃないか」 「リーナ! あなた、そんな事まで報告しているの?」 「わたしは副指揮官として、見たこと感じたことを正直に報告しているだけです」  と淡々として答えるリーナ。 「違います。フランドル少佐は、艦長として甘えた態度があるわたしを、叱責し教育 してくださっているのです」 「そ、そうですよ」  冷や汗拭きながら弁解するジェシカ。 「まあいい。話を戻そう」  とにこやかに答える提督。 「さて、日頃からの君の働きぶりについては、このリーナから報告を聞いているが… …」  あ、やっぱり報告していたんだ。  いやだなあ……。  そう思いつつもランドールの言葉に耳を傾ける。 「君にはセイレーン艦長としてこれまで任務についてもらったわけだが、そろそろ他 の艦を指揮してみたいと思わないか?」 「他の艦に転属ですか?」 「そうだ。すでに大尉としての内定が下ったことは聞いているな」 「はい。伺っております。それに関しては、感謝しております」 「大尉となると、通常は主戦級の攻撃空母の艦長として指揮を任されることが多い。 がしかし、君も知っての通りに、我が部隊には主戦級の攻撃空母は一隻も配備されて いない」 「確かにその通りです」 「そこでだ。君には、第十七艦隊旗艦サラマンダーの艦長としての任務を与えたいと 思うのだがどうかね?」 「サラマンダー!」  衝撃だった。  サラマンダーと言えば、共和国同盟にあっては最速最強の高速戦艦。連邦を震撼さ せる代名詞として名だたる名鑑中の名鑑である。 「し、しかし……サラマンダーの艦長は、スザンナ・ベンソン大尉がいらっしゃいま す」 「スザンナには艦長の任を降りてもらうことにした。本人にとっては、いつまでも艦 長として腕を振るっていたかったろうが、後任にすべてを託しその成長を見守ること も大事だと説き伏せた」 「ではベンソン大尉は?」 「スザンナは先任上級大尉としてすでに少佐への昇進点に達している。いずれはデ ィープス・ロイド中佐の後任として旗艦艦隊の司令官の任務を与えるつもりだ。ただ 戦術士官ではないので現状では司令官にはなれない。そこでしばらくは中佐の下で副 司令官の任務をこなし、戦術士官としての艦隊勤務教育を施す事にしている」  司令官になる資格を有するには、高等士官学校において戦術専攻科の課程を卒業し て任官されるか、このスザンナのように少佐昇進点に達した一般士官が、戦術士官と しての艦隊勤務教育を一定期間受けた後に査問審査に合格した場合、そしてもう一つ は名誉勲章を受けるほどの素晴らしい功績を挙げた場合の三種類があった。  なお、戦術士官は胸に職能階級を示す徽章を付けているので、一般士官と判別がつ くようになっている。 「艦隊勤務教育ですか……」  提督が、スザンナに類稀なる指揮統率能力を見出して、何かにつけて指揮官として の教育をしていたのはよく知られていることだ。それが正式採用されたわけである。  しかも、旗艦艦隊司令に任命するのだという。これこそまさしく適材適所の好材料 である。

ポチッとよろしく!

11

« 続 梓の非日常・第四章 峠バトルとセーターと 民家にて | トップページ | 続 梓の非日常・第四章 峠バトルとセーターと 暴走族再び »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続 梓の非日常・第四章 峠バトルとセーターと 民家にて | トップページ | 続 梓の非日常・第四章 峠バトルとセーターと 暴走族再び »