最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 続 梓の非日常/第三章 スパイ潜入 黒服の報告 | トップページ | 続 梓の非日常/第三章 スパイ潜入 旧体制VS新体制 »

2018年5月 9日 (水)

銀河戦記/鳴動編 第十五章 収容所星攻略 V

第十五章 収容所星攻略

                 V 「敵空母より艦載機の発進を確認しました」  さすがに敵艦隊も、艦載機群の到来に気づいて迎撃機を発進させたようだ。タシ ミールにのこのこやってきたパトリシア達を奇襲するつもりだった予定が、逆に奇襲 を受けて慌てふためいている様子が想像できた。 「ハリソン・クライサーの編隊に迎撃を指示、ジミー・カーグ編隊及びジュリー・ア ンダーソンの編隊には敵艦隊への攻撃を敢行させよ」 「クライサー編隊、敵艦載機と接触、交戦に入りました。カーグ編隊はこれをかわし て敵艦隊に進撃中です」  前方で敵編隊4000機とハリソン編隊4000機との空中戦が始まった。  艦載機の数では互角、後は機体の性能とパイロットの腕前が、勝敗を分ける。 「編隊長の通信を音声に流してください」 「了解。指揮官席のスピーカーに流します」  すぐさま編隊長の通信機に接続されて、その交信内容が聞こえてきた。  「いいか。ここで食い止めて、一機たりとも味方艦に近づけさせるんじゃないぞ」  ハリソンの声だった。配下の編隊に対しての指令や返信が次々と届く。 「了解!」  華々しい空中戦が繰り広げられている。  そんな中にあっても、余裕綽々の二人がいた。 「おい、パーソン」 「なんだ、ジャック」 「どっちが数多く撃ち落すか。賭けをしないか?」 「いいだろう。で、何を賭けるんだ」 「シャトー・マルゴーのワインなんかどうだ?」 「ああ、あれか。一本二万からするんだっけな」 「おうよ。ルイ15世の寵姫マダム・デュ・バリや文豪ヘミングウェイも愛飲したと いう名品だよ」 「いいだろう。それでいこう」  話がまとまる二人。 「おい、ジャック。おまえの後ろに何かくっついているぞ」  あわてて後方確認するジャック。敵機が背後に迫っていた。 「ちぇ、後ろに付かれたか。おまえが話しかけるから気が散ったんだぞ」 「油断したな、ジャック。ワイン一本で手を打つか?」 「何を言うか。これくらい簡単に振り解いてやるさ」  しかし敵も巧者だった。急旋回や急上昇で交わそうとするが、執拗に食い下がって ぴたりと背後に付いて離れなかった。 「ちきしょう! ロックされた。振り解けねえ」 「まかせろ!」  敵機の真下から急上昇しつつ機銃で敵機を撃破するパーソン。敵機は火達磨となっ て爆発炎上した後に粉々に散っていく。 「一点貸しだな」 「ちっ! 余計なおせわだってのによ。倍にして返してやるよ」 「負け惜しみだな」 「言ってろ!」  そんな通信に割って入った者がいた。  ハリソンだった。 「おい! おまえら、何やってるんだ。会話が筒抜けだぞ」 「え? いけねえ、シークレット通話にしてなかったぜ」 「どじな奴だな」 「どっちがだ」 「で、今どっちが勝っているんだ?」 「まだ、はじまったばかりですよ」 「そうか……じゃあ、俺にも一口乗らせろよ」 「はあ?」  同時にきょとんとした声を発する二人。  すると通信回線ががなり立てはじめた。 「二コルです。パーソンに500賭けます」 「デイビッドです。俺は、ジャックに500」 「ジュリーです。500をパーソンに」  あの酒豪も聞いていたらしい。酒の話となると必ず顔を出す。  パーソン小隊、ジャック小隊の賭け好きな連中が次々と、名乗りを挙げている。  そして、 「わたしもいいですか? リンダです。ジャックに500賭けます。ああ、それから この通信は記録してます」  セイレーン艦長のリンダまでが参入してきた。

ポチッとよろしく!

11

« 続 梓の非日常/第三章 スパイ潜入 黒服の報告 | トップページ | 続 梓の非日常/第三章 スパイ潜入 旧体制VS新体制 »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続 梓の非日常/第三章 スパイ潜入 黒服の報告 | トップページ | 続 梓の非日常/第三章 スパイ潜入 旧体制VS新体制 »