最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第十七章 リンダの憂鬱 V | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第十六章 リンダの憂鬱 VI »

2018年6月14日 (木)

続 梓の非日常/第五章 別荘にて 渓流釣り

続 梓の非日常/第五章・別荘にて

(四)渓流釣り  それから数時間後。  書斎で勉強をしている、梓と絵利香。窓の下には、白井と慎二が、釣り道具をRV車に 積み込みながら、談笑している姿が見える。  やがて二人が乗ったRV車は軽いエンジンを上げて、魚釣り場である渓流へと向かった。  森を抜ける涼しい風が、二人のふくよかな髪をなびかせている。 「んーっ」  梓が両手を広げて伸びをしている。 「ちょっと休憩しようよ」 「そうね」  テラスに移動して、ガーデンテーブルに腰掛けて深緑を眺める二人。テーブルの上には グラスに注がれたジュースが二つ。その傍らに立つメイドが一人。 「今頃慎二君、どうしてるかしら」 「おっちょこちょいだからね。川に落ちてずぶ濡れになってるかも」  丁度同時刻。  川に落ちて濡れ鼠の慎二がいた。  河川敷きにはRV車が止まっている。 「だから、そこは滑るから気をつけてと言ったじゃないですか」 「いや、なんというか……足を誰かに引っ張られたような気が……」 「はは、河童でもでましたかな」 「出るの?」 「何が?」 「あのなあ、おっさん。おちょくるなよな」 「冗談はさておき、着替えたら?」 「いや。放っておいても乾くさ」 「一応忠告しておきますけど。お嬢さまは臭い奴はお嫌いですからね。ま、女性ならみな そうでしょうけど」  あわてて服の匂いを、くんくんと嗅いでいる慎二。 「はは……やっぱ、臭いかな。といっても着替えは部屋に置いてきちゃったから」 「帰ったらすぐに着替えるんですね」 「そうしよう」  言いながら釣りのポイントを探しながら移動する慎二。  大きな岩が川面に張り出している所で、 「ここらあたりがいいかな……」  と、釣り道具を岩場の上に降ろした。 「いい場所を確保しましたね」 「そうかな……。でも、代わってあげないよ」  岩場が川の流れをかき乱し、釣り人の姿をも隠して気取られない。  絶好の釣りポイントといえるだろう。 「いいですよ。私はあちらの岩場にしますよ」  と、移動していく白井だった。  それぞれに釣り場を確保して、早速釣りをはじめるかと思いきや……。  餌がない!  慎二は少しも慌てず、離れた場所の川べりの石や岩を引き剥がして何かを探している風 だった。  釣り餌となるカゲロウなどの水生昆虫を集めていたのである。  魚の食いを良くするには、普段から食しているはずの身近な餌が一番なのである。  ある程度餌が集まったところで、おもむろに岩場に戻って腰を降ろして釣りをはじめた。  針先にカゲロウを取り付けて、竿を小刻みに動かしてポイントを動かしながらフライフ ィッシングを楽しむ。 「なるほど、慎二君は渓流釣りの経験があるようですね」 「おだてても何もでないぜ」 「そういうつもりはないですが……」  それから二人は分かれて黙々と釣りをはじめた。  静かな時間が過ぎてゆく。  別荘に残った梓と絵利香。  勉強を予定通りに済ませて、自室でくつろいでいる。  絵利香は読書、梓はTVでビデオ鑑賞中である。  外の方からRV車のエンジン音が響いてくる。 「慎二君が帰ってきたようね」 「出迎えてやるとするか」  立ち上がって玄関先に向かう二人。 「どうだい、大漁だぜ」  と、クーラーボックスを抱え挙げてみせる慎二。 「おまえにしては上出来じゃないか」 「あたぼうよ。おかずに塩焼きにでもして出してもらおうか」  言いながら、メイドにクーラーボックスを手渡す慎二。  くんくんと、慎二の身体を嗅いでいる梓。 「おまえ、川に落ちたろ」 「なんでわかるんだ」 「やっぱり落ちたんだ。きゃははは」  慎二を指差し、高笑いする梓。 「もうじき食事だ。シャワー浴びて着替えろ。脱いだ服はメイドに渡せば洗濯してくれる。 臭い奴は、きらいだ」  と言って、ぷいと背中を見せて別荘の中に入っていく梓。 「あ、明美さん。慎二君に、部屋を用意してあげて」 「かしこまりました」  昼食。  何故か慎二の前の皿だけ山盛りになっている。 「象並みに食らう奴だから、特別に量を増やしてもらったんだ」 「それはどうも」 「……なんだかんだいっても、慎二君のことちゃんと考えてやってるのよね。梓ちゃん。 最初の頃は問答無用で叩き出していたのに。部屋まで用意してあげて……」

ポチッとよろしく!

11

« 銀河戦記/鳴動編 第十七章 リンダの憂鬱 V | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第十六章 リンダの憂鬱 VI »

梓の非日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第十七章 リンダの憂鬱 V | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第十六章 リンダの憂鬱 VI »