最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 IV | トップページ | ちょっと一休み »

2018年7月14日 (土)

続 梓の非日常/終章・船上のメリークリスマス 横須賀基地

続 梓の非日常/終章・船上のメリークリスマス

(五)横須賀基地  梓一行を乗せた戦闘ヘリは、先行する飛行機を追跡する。  やがて目前にその姿が見えてきた。 『追いつきましたよ』  パイロットが指差す方角にエアプレーンが飛んでいた。 「何とか停止させることはできないの?」 「無理ですよ。空中でエンジンを止めれば墜落するだけです」 「まどろっこしいなあ。一発ぶち込んでやれよ。そうしたら俺が飛び込んで助け出して やる」 「どうやって? 助け出したとして、無事に地上に降りれるの?」 「だから……さあ……空中で再び戦闘ヘリに舞い戻るんだよ」 「本気? できるの?」 「さあ……やってみなければ判らないさ」 「もう、冗談は顔だけにして」  成功率百パーセントならお願いものだが、戦闘ヘリは回転翼が邪魔して空中で乗り込 むのはほとんど不可能であろう。 「くやしいじゃないか。せっかくの最新装備があるのに……」  VZ-1Z Viper には、AIM-9 サイドワインダー空対空ミサイル、AIM-92スティンガー地 (空)対空ミサイル他が装備されている。 『まもなく海上に出ます』  前方に東京湾が広がっていた。  エアプレーンは東京国際空港や成田国際空港の飛行コースを避けるように低空飛行を 続けていたが、千葉港に差し掛かった辺りで大きく右へと旋回をはじめた。 「こっちの方角には……」  米軍の横須賀基地があった。  と、思った途端。  F/A-18F戦闘機「スーパー・ホーネット」(第102戦闘攻撃飛行隊)のお出迎えである。  基地に配備されている空母からスクランブルしてきたのであろう。  一瞬にしてすれ違ったと思ったら、後方で旋回して追撃してくる。  完全に後ろを取られてしまった。  ロックオンして攻撃してくるかも知れない。  M61A1/A2 20mm バルカン砲がこちらを睨んでいる。  がしかし、最大巡航速度:150 kt / 277.8 km/h のバイパーとマッハ1.8のスーパー ホーネットでは速度差があり過ぎる。  目の前を通り過ぎては、旋回して再び後方に回り込んでくるという仕草を繰り返して いた。  やがて眼下に巨大な艦船が目に飛び込んでくる。  ニミッツ級原子力航空母艦の6番艦「ジョージ・ワシントン(CVN-73 George Washingt on)」である。その両翼には護衛艦のイージス巡洋艦とイージス駆逐艦を従えている。  そして少し離れて、アメリカ海軍第七艦隊の旗艦「ブルー・リッジ(USS Blue Ridge, LCC-19)」が仲良く並んでいた。 排水量 基準 81,600 トン     満載 104,200トン 全長 333 m 全幅 76.8 m 喫水 12.5 m 機関 ウェスティングハウス A4W 原子炉2基 蒸気タービン4機, 4軸, 260,000 shp 最大速 30ノット以上 乗員 士官・兵員:3,200名 航空要員:2,480名 兵装 RIM-7 シースパロー艦対空ミサイル    ファランクス20mmCIWS3基 搭載機 85機  厚木を拠点とする第5空母航空団  横須賀を拠点とする第5空母打撃群  前任の「キティー・ホーク」から任務を引き継いでいる。  RIM-7 シースパロー艦対空ミサイルとファランクス20mmCIWS(近接防御火器システム) が砲口をこちらに向けて自動追尾していた。  そんな中、エアプレーンは「ジョージ・ワシントン」の甲板へと着艦した。  なんで?  軍艦にいとも簡単に着艦した民間のエアプレーン。  常識では考えられないことだった。 『相手側より連絡。眼前の空母「ジョージ・ワシントン」に着艦せよ』  ここは横須賀基地の制空権内である。一機の戦闘ヘリが太刀打ちできるものではない。 『指示に従います』  パイロットが応えて、高度を下げて「ジョージ・ワシントン」の甲板へと着艦した。
記事中の米軍艦艇などの配備は、執筆当時のものです。

ポチッとよろしく!

11

« 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 IV | トップページ | ちょっと一休み »

梓の非日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 IV | トップページ | ちょっと一休み »