最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 V | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 VI »

2018年7月16日 (月)

続 梓の非日常/終章・船上のメリークリスマス クリスマスパーティー

続 梓の非日常/終章・船上のメリークリスマス

(六)クリスマスパーティー  着陸した飛行甲板には、たくさんのジェット機が羽を広げて休んでいた。  いつでも飛び立てるように待機しているようだが、すべてエンジンを止めていて発進 体勢の機はなさそうだ。  梓たちが戦闘ヘリから飛行甲板に降り立つと、すぐに周りを甲板要員が取り囲んだ。  やはりというべきか銃を構えている保安兵もいる。  やがて人並みが分かれて、高級士官らしき人物が現れた。  にこにこと微笑み両手を広げて迎え入れるように言葉を発した。 『ようこそ、ジョージ・ワシントンへ。艦長のジョン・ヘイリーです』  鷲のマークの階級章と、星にライン四本の肩章は、海軍大佐であることを示している。  火災事故を起こした前艦長のデービッド・ダイコフ海軍大佐に代わって就任したばか りである。 『あ、どうも……真条寺梓です』  訳が分からない一行は唖然とした表情で受け答えする。  そういった事情を知ってか知らずか、艦長は表情をくずさずに案内をはじめた。 『どうぞ、こちらへ。みなさんがお待ちになっております』  と、先に歩き出す艦長。  顔を見合わせる梓一行たちだが、ここは着いて行くしかないようである。  梓、慎二、麗華という順番で歩き出す。  いかに巨大な航空母艦といえども戦闘艦であるから、人がすれ違うのがやっとという くらいに、その通路は意外にも狭い。  特に浸水や火災などのダメージコントロール(damage control)対策としての防護壁 が要所に配備されていて、その重厚な扉に身体を屈めてくぐらなければならなかった。  軍艦などの「ダメージコントロール」についての情報は最高機密扱いとなる。太平洋 戦争中に大規模な海戦を経験したアメリカ海軍や大日本帝国海軍の頃の戦訓を取り入れ た海上自衛隊の艦艇と比べ、それらの経験が比較的少ないヨーロッパ諸国の艦艇は、現 在でも可燃性のある材質を使用していたり被弾しやすい箇所に弾薬庫や士官室が配置さ れているなどの点が見られる。こういったものは実戦を経験して初めて得られるノウハ ウでもあるため、訓練等で補うのは難しく、フォークランド紛争においてイギリス海軍 の駆逐艦シェフィールドがエグゾセ対艦ミサイルの攻撃を受けた際、不発だったにも拘 らずミサイルに残された燃料による火災が発生。これに加えて信管の解体に失敗して爆 発が起こり、シェフィールドは沈没している。  何度かの防護扉をくぐりぬけて、やっと広い空間に出た。  そこは、飛行甲板の真下の広大な格納庫だった。  多くのジェット機は飛行甲板に揚げられていて、ここに格納されているのは少数だ。  それもそのはずで、格納庫にはテーブルが並べられて、豪勢な料理が盛り沢山に飾ら れていたのである。  中央のテーブルには巨大なケーキが、据えられていた。  すると、 『メリークリスマス!』  誰かが叫んだ。  それを合図に方々でクラッカーが鳴らされ、 『メリークリスマス!』  の大合唱がはじまった。  数人の儀礼用の制服を着込んだ高級士官が歩み寄ってきた。  その中の一人の肩章には銀星印が三つ。  つまりは、階級が中将(Vice Admiral)ということになる。  ここ横須賀で中将となると、第46代・第七艦隊司令長官のジョン・ハート中将である。 指揮艦「ブルーリッジ」から移乗してきたらしい。  米海軍作戦本部作戦次長(作戦・計画・戦略担当)に転出したウイリアム・クラウ バー中将の後任である。 『ジョージ・ワシントン船上クリスマス・パーティーにようこそ』  と言われて、 『船上クリスマス・パーティー』  唖然とするばかりの梓だった。 『驚かせてごめんね』  背後から聞き覚えのある、懐かしい声が届いた。  振り向くと、 『ママ!』  梓の母親の渚だった。  実に久しぶりのご対面だった。 『ママが仕組んだのね』  母親が姿を現したことで、すべてが納得できた。  絵利香の誘拐は、梓をこのジョージ・ワシントンへと誘い込むための演出だったのだ。  太平洋艦隊司令長官ボブ・ウィロード大将と懇意だからこんな演出も可能であろう。  渚の後方から絵利香が姿を現した。 『絵利香! 無事だったのね』 『無事も何も、渚様の企みだったのね』 『まったく……我が母ながらなんともはや』  そんな中ただ一人、ぽつねんと呆然としている男が一人。  沢渡慎二は圧倒されつづけていた。  第七艦隊司令長官の後方には、さらに高級士官が待機していた。  第五空母打撃群の司令官、リック(Richard)・アレン海軍少将。  第五空母航空団の司令官、マイク・ブラック大佐。  在日米海軍司令官、ジェームズ・D・カリー少将。  ジョージ・ワシントン新艦長ジョン・R・ヘンリー大佐。  横須賀基地司令官グレゴリー・コーバック大佐。  ドナルド・スプリング海軍長官(アメリカ合衆国海軍省における文官の最高位)。  そして駐日大使のトーマス・チーパー。  二度とはお目に掛かれない豪華なメンバーだった。  日本周辺及び極東の平和を守る世界最強の艦隊を運営する諸々の高級士官達である。  大人たちにはシャンパンが開かれ、梓たちにはレモンスカッシュが振舞われた。  そしてもう一度。 『メリー・クリスマス!』  第七艦隊最新航空母艦、ジョージ・ワシントン船上でのクリスマス・パーティーのひ とときであった。 終章 了 第三部へ続く
米軍所属の艦艇や所属などは、執筆当時のものです。

ポチッとよろしく!

11

« 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 V | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 VI »

梓の非日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 V | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 VI »