最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« さよなら( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)?????? | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 XIII »

2018年7月29日 (日)

銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 XII

第十九章 シャイニング基地攻防戦

                XII  軍法会議の糾弾から開放されて、自由の身となったアレックスは、トランター本星 に帰郷したのをいい機会として三日間の休暇を申請した。もちろんそれを拒否できる 者はおらず順当に受理された。  スーパーで買い物をしているパトリシア。その後ろにはカートを押しながらついて くるアレックスの姿があった。法廷での審議を終えて、帰宅の途中で立ち寄って日常 の品々を買い求めていたのである。  私生活においては、公務における立場と逆転して、主婦であるパトリシアの方が権 限を握っていた。毎月のローンやクレジットの支払い、公共料金、家計に関わること はすべて彼女が財布を握っていたのである。食料の購入はもちろんのこと、アレック スの着る衣料でさえ、彼女の意向に逆らうことは出来ない。彼女の家計簿には、妊 娠・出産費用にはじまる子供の養育・教育費など、将来に渡る家族構成をもしっかり 計算に入れられた、綿密な将来設計が出来ていたのである。  ゆえにアレックスが何か欲しいと思った時には、まず妻にお伺いを立ててからでな いと、何も購入できないのである。  郊外の一角の邸宅。  アレックスが准将になりこの一戸建をあてがわれた時から、パトリシアは自分に与 えられる予定だった大佐用の官舎は引き払い、この邸宅で一緒に暮らしている。未だ に婚約者のままであるとはいえ、士官学校当時に提出した同居申請は失効していない ので、自動的に居住の権利は有していた。  アレックスが婚約破棄するはずもなく、事実上の夫婦生活に入っていたのである。 もちろん一緒に暮らしているという事実は軍籍コンピューターに登録されており、万 が一アレックスが婚姻前に戦死するようなことになっても、引き続き居住できること になっている。これは同居する事実上の夫婦関係にあった婚約者の既存権利を保証す る制度である。ただし、同居の事実がなかった場合は居住する権利は消失する。あく まで同居が原則なのであり、同居の事実があってこそ居住の既存権利が発生するので ある。  婚約破棄しない限り、相手が死んでも婚約期間中に得た権利はそのまま有効である が、同時に別の相手とは婚約も結婚も出来ないという反面もある。  台所でエプロン姿で夕食の準備をしているパトリシア。だいぶ主婦業も板について きという感じではあるが、まだ二十三歳になったばかりで、初々しさもそこかしこに 残っている。艦隊勤務のために子作りしている暇もなくて、残念ながらまだ子供はで きないが、妊娠可能期間はまだ二十年以上あるので、あわてる様子もない。  一方のアレックスは食卓で報告書に目を通している。新婚当初、台所に入って手伝 いをしようとしたが、あまりの不器用さに呆れたパトリシアから、台所への立ち入り を禁止されてしまったのである。  アレックスの方を時々見やりながら、夫のために食事を作りながら、妻の責務を甘 んじて受け入れているパトリシアであった。自分がいなければ何もできない夫のため に、何かをしてあげられるということは、夫婦の絆を深くする精神的融合である。そ れぞれにないものを補い合うことこそが、子供を産むという以外、夫婦として結び付 く意義なのである。  やがて食事をお盆にのせて、食卓に運んでくるパトリシア。 「一戸建ての家に住めるなんて夢みたい」  エプロンを脱いで、アレックスの向かい側に腰を降ろすパトリシア。 「一応これでも官舎なんだぜ、将軍用のね。つまり借家ってこと」 「でも、退役してもずっとここに住んでもいいのよね」 「正確には、僕とその配偶者が亡くなるまでだ」 「そうね……」  といってパトリシアは微笑みながらアレックスを見つめた。 「タルシエン攻略に成功したら、あなたも少将となって内地勤務よ。そうしたら参謀 のわたしも一緒に地上に降りられるから、重力を気にすることなく、安心して子供を 産むことができるわ」  艦隊にある時は、優秀な参謀であるパトリシアも、アレックスと二人きりでいる時 は、本能のままに子供を欲するごく普通の女性であった。  寝室。  裸のまま並んでベッドに横たわる二人。 「ところで第十七艦隊でタルシエン攻略は可能なの?」 「内部に潜入出来れば、何とかなるかもしれない」 「潜入? でもどうやって」 「ああ、潜入の直接的な方法は俺が何とか考えるが、たぶん小数精鋭の特殊工作部隊 を組織することになるだろう。君には、特殊工作部隊を後方から支援する体制と、潜 入後の特殊部隊の行動指針及び艦隊運営に関わる作戦立案を検討してもらいたい」 「わかったわ」 「この作戦を成功させるには隠密行動を取る必要がある。たとえ味方にも特殊工作部 隊の存在を知らせたくない。君とゴードンとレイチェル、そして特殊工作部隊に参加 する将兵だけだ」 「わたしとゴードンとレイチェルだけに?」 「そう。恋女房と片腕だからな」  翌日。  ジュビロ・カービンと連絡が取れて、早速例の廃ビル地下室へと向かうアレックス。  レイチェルも当然として同伴する。 「久しぶりだな」  ジュビロが懐かしそうに出迎える。 「そちらも無事息災で結構。檻の中に入れられないかとずっと心配してたよ」 「そんなドジ踏まねえよ」 「早速だが打ち合わせに入ろうか」 「おいおい、いきなりかよ」 「二日後にはシャイニング基地に戻らなければならない、時間がもったいないからね」 「分かった」

ポチッとよろしく!

11

« さよなら( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)?????? | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 XIII »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さよなら( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)?????? | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第十九章・シャイニング基地攻防戦 XIII »