最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 性転換倶楽部/ある日突然に I page-1 | トップページ | 性転換倶楽部/ある日突然に I page-2 »

2018年10月 2日 (火)

銀河戦記/鳴動編 第二十三章 新提督誕生 V

第二十三章 新提督誕生

                 V  チェスターは一瞬自分の耳を疑った。  パトリシアが任官状と階級章をアレックスの机の上に置いた。 「しかし私は……」 「定年でしたら、准将となったことで、軍の規定により貴官の退役は後五年延長され ます。貴官には引き続き司令官として、艦隊をまとめ運営していただきたい」 「オニール大佐は、このことを承知なのですか?」 「いや。まだ伝えていないが、納得してくれるだろう。ただ、第一分艦隊の連中が納 得しないだろう、これだけは私も手におえないと思う。第一分艦隊のこれまでの活躍 は、私が種をまいたとはいえ、手塩にかけて育ててきたゴードンの功績によるところ が大きい。そこで、第一分艦隊を三万隻の独立艦隊として私の直下に置くことにした。 彼には副将としてその司令官を務めてもらう。つまり、残る七万隻が第十七艦隊とし て、貴官に与えられることになります。パトリシア、艦隊編成表を渡してやってく れ」 「はい」  パトリシアが艦隊編成表をチェスターに手渡した。  チェスターは編成表にさっと目を通した。 「それが新生第十七艦隊の編成表です」  そこには戦艦ペガサスを旗艦とする七万隻からなる艦艇がずらりと並んでいた。 「主戦力である第一分艦隊を欠いたとはいえ、それでも一個艦隊としては同盟軍最大 であることには違いありません。それを生かすも殺すも貴官の腕しだいです」  チェスターの腕は震えていた。 「いかがです、受け取っていただけますね」  アレックスは先の任官状と階級章を、静かにチェスターの目前に差し出した。  チェスターは、踵を合わせ鳴らして敬礼して答えた。 「はっ! 謹んで、お受けいたします」 「ありがとう。オーギュスト・チェスター准将。それでは明後日までに、新生第十七 艦隊の新しい幕僚の選出と名簿を作成して提出してください。それとあなたの後任の 推挙状と、副官リップル・ワイズマー大尉の進級申請書も忘れずに」 「承知しました」 「それと、艦隊司令官就任式を五日後の午後二時より、本部講堂にて執り行いますの で出席してください。ご家族をお呼びになっても結構ですよ。私からの報告は以上、 下がって結構です」 「はっ。ありがとうございました」  チェスターは、任官状と階級章とを受け取ると、最敬礼をし踵を返して退室した。  控えの秘書室に、丁度入れ代わるようにゴードンが入ってきたところであった。 「あ、チェスター大佐……」  ゴードンが声をかけるが、唇をきゅっと噛みしめるように無言で出ていった。 「あなた、いかがでしたか?」  軍服を脱ぐ手伝いをしながら、夫人は尋ねた。 「ああ……」  とりとめのない返事をする夫に、夫人はそれ以上声を掛けるのをためらった。  黙々と着替えを進めて普段着になり、食卓に座ったチェスターに、夫人はそっと酒 を出した。 「どうぞ、お飲みください」 「ん……? ああ、すまないな」 「いえ」 「実はな……、第十七艦隊の司令官に任じられたよ」 「え?」  夫人は、聞き返した。 「更迭の話しじゃなかったのですか?」 「それがだ。俺自身も覚悟して行ったのだが、意外だった。とうとう俺も将軍になっ たんだ。退役も五年先に繰り延べされた。これが任官状と階級章だ」  といって夫人に、もらったばかりのそれを見せた。 「ほ、本当ですのね」  夫人は、実際に目の前に任官状などを見せ付けられても、急には信じられないとい う風であった。 「本当だ。五日後に就任式が行われる。家族も呼んでいいそうだ」 「あなた……」  夫人はことの真実をやっと飲み込めてきて、涙声になりながら夫の昇進を労った。 「おめでとうございます。あなた……今日まで、本当にご苦労さまで……」 「退役して、夫婦仲むつまじくというのは、先延べになったな」 「そんなこと……いつだって」 「そうだな」
ポチッとよろしく!
11

« 性転換倶楽部/ある日突然に I page-1 | トップページ | 性転換倶楽部/ある日突然に I page-2 »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性転換倶楽部/ある日突然に I page-1 | トップページ | 性転換倶楽部/ある日突然に I page-2 »