最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 妖奇退魔夜行/蘇我入鹿の怨霊 全編一括表示(74kb) | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 辞令(R15+指定) »

2019年2月 3日 (日)

銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第二章 選択する時 III

 機動戦艦ミネルバ/第二章 選択する時(日曜劇場)

                 III  艦橋から物資の補給状況や対空監視のために居残っているフランソワ。  そこへイルミナがやってくる。 「艦長。艦長もいらしてくださいよ」  といって、すでに水着にパーカー姿のイルミナ・クレソン准尉が強引にフランソワ の袖をつかんで引き連れていく。 「ちょっと、だめよ」 「だめだめ、艦長がこなくちゃはじまらないんだから」 「それに、水着だって持ってないし……」 「大丈夫。艦長の分もちゃんと用意して有ります。ほら」  といってイルミナは、ワンピースの水着を差し出した。 「もう……しようがないわね」 「いいじゃありませんか。行ってあげてくださいよ。艦長が動かなければ、他の隊員 も遠慮して、動けないじゃないですか。大丈夫、対空管制は自分が見ていますから」  副長が言うように艦橋には、まだ半数の隊員が残っていた。遠慮のない三回生を除 く、四回生の一部と正規隊員のほとんどである。 「そ、そうですか。では、すみません。後をよろしくお願いします」 「まかせてください」  フランソワが動いたことで、残っていた隊員のほとんどが同時に席を立ちはじめた。  シューマット群島は珊瑚礁に囲まれた温暖で風光明媚な島である。はるか昔、トラ ンターに人類の植民の手が入った時、地球環境より持ち込まれた生物が海や陸にと分 布を広げ、このシューマット群島にも海洋性気候に準じた生物系に進化して、今日の 姿を留めることとなったのである。また自然環境保護地域に指定され、一切の人工建 造物設営及び居住が禁止されている。  砂浜は天然の海浜公園と化していた。  海に入って泳いでいるもの。  島の砂浜にビーチパラソルを広げて、その日陰に涼んでいるもの。  ネットを張りビーチバレーに興じるもの。  各人それぞれが思い思いに短い休息を楽しんでいた。  突然大型ワゴンカーが砂浜に入り込んできた。 「何事……?」  一同が首を傾げている間にも、ワゴンカーは止まり、サイドボードを開いて即席出 店を広げはじめたのだ。 「へーい。らっしゃい、アイスクリームにホットドック、ジュースにコーラはいか が?」  ワゴンカーを持ち出したのは、料理長のニック・ニコルソン曹長であった。 「おお!」  わらわらと人が集まってきて、早速オーダーを開始した。  イルミナがホットドックとコーラを運んできた。 「はい。艦長、どうぞ」 「ありがとう。でも、お金はどうしたの?」 「認識章を見せたらツケで買えました」 「ツケねえ……後で私が払っておくわ。ニコルソン曹長でいいのよね」 「あ、ありがとうございます」  砂浜に腰掛けてホットドックを食べ始める二人。  イルミナが質問する。 「艦長、聞いてもいいですか」 「なにかしら」 「艦長は、どうしてこんな任務を引き受けられたのですか?」 「そうねえ。トランターが好きだから……といいたいけど、私の大好きな先輩のたっ ての直接の依頼だったから」 「知ってます、パトリシア・ウィンザー大佐でしょう」 「ランドール提督にしても、この作戦を任せられるのは私しかいないって、絶大なる 信頼を得ているからといって」 「それです。提督は本当に反攻作戦を考えておられるのですか?」 「もちろんです。だからこそ私を遣わせてレジスタンス活動をさせているのです」 「総督軍の足元を攪乱するためですね」
ポチッとよろしく!
11

« 妖奇退魔夜行/蘇我入鹿の怨霊 全編一括表示(74kb) | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 辞令(R15+指定) »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妖奇退魔夜行/蘇我入鹿の怨霊 全編一括表示(74kb) | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 辞令(R15+指定) »