最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第二章 ミスト艦隊 XII | トップページ | 性転換倶楽部/響子そして 散策(R15+指定) »

2019年4月21日 (日)

銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第三章 狼達の挽歌 VII

 機動戦艦ミネルバ/第三章 狼達の挽歌
 VII カサンドラ訓練所  その頃。  モビルスーツパイロット養成機関「カサンドラ訓練所」を抱えるパルモアール基地。  基地の空港の一角に輸送艦が停泊しており、警戒のためのモビルスーツが待機して いる。  そのかたわらで明らかに新型と思われる真新しい機体、ぎこちない動きを続けるモ ビルスーツがあった。 「どうだ、調子は?」 「どうだと言われましても、この機体にインストールされているOSは、手足を動か して移動させる程度の輸送用のOSなんですよ。ちゃんとした起動用のプログラムを インストールしなければ、とても戦闘に使えませんよ」 「やはりな。輸送艦内を探しているのだが、起動用プログラムが入ったディスケット が見つからん」 「輸送艦のコンピューター内に保存してあって、そこからコピーして使用するという ことはないですか?」 「ああ、その可能性もあるだろうと思ってな、システムを調査させているところだ」 「とにかくOSがない限り、こいつはまともに使えませんよ」 「判った。今日はもういい。その機体を格納庫に収納しろ」 「了解しました」  地響きを立てながらよちよち歩きのような格好で格納庫へと移動するモビルスーツ。  さて、その輸送艦とモビルスーツは、フランソワがタルシエン要塞から遠路はるば る運んできたものだったが、トランター本星への輸送を完了したものの、「メビウ ス」に渡る前に接収されてしまっていたのであった。  基地に隣接する、カサンドラ訓練所。  次の世代を担うモビルスーツパイロット候補生達が日々の研鑚を続けていた。 「駆け足! 全速力!!」  グラウンドでは、訓練用の機体に乗り込んでの操縦訓練の真っ最中だった。  地響きを立てながら整然と隊列を組んでグラウンドの周囲を走り回っていた。 「こらあ! そこ遅れるな!!」  訓練生達の機体のそばでジープに乗り込んで後を追いかけながら、拡声器を使って 指示を出している教官。  パイロットにも各人各様、習熟度が違う。  機体を完全に乗りこなしている優秀なパイロットがいれば、今日乗り込んだばかり というような不慣れなパイロットもいる。 「すみませーん!」  黄色い可愛い女性の声が訓練機体から返ってくる。  共和国同盟では男女均等法によって、男女区別なくパイロットとして士官できる。 「まったくおまえはどうしようもなくどんくさい奴だ! これが終わったら、その足 でグラウンド十周!!」 「そ、そんなあ」
ポチッとよろしく!
11

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第二章 ミスト艦隊 XII | トップページ | 性転換倶楽部/響子そして 散策(R15+指定) »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第二章 ミスト艦隊 XII | トップページ | 性転換倶楽部/響子そして 散策(R15+指定) »