最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 15 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 VIII »

2019年6月28日 (金)

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の捌

陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪

其の捌 惨劇  その頃。 「美咲、いつまで閉じこもっているの?」  返事はない。  美咲の部屋の前で、ノックしつつ中の様子を探る母親。  勝手に入ったりすると、非常に不機嫌になる娘なので注意している。  しばらく待つが、一向に返答はなかった。 「入るわよ。いいわね」  ドアノブに手を掛け、少しずつドアを開ける。  照明の灯っていない薄暗い部屋の中。 「美咲?」  美咲はいなかった。 「出かけたのかしら……」  物音一つしない部屋には静寂が漂っていた。  まるですべての音を、机の上の壺が吸収しているみたいだった。 「何あれ?」  女子高生の部屋には場違いとも言うべき問題の壺に気が付く母親。  壺に近づいてゆく。  土くれが所々に付着して汚れが酷い。 「何これ、汚いわね……」  土の中から掘り出したままの状態のようであった。  壺の中身を確認しようと手を掛け蓋を開ける。  その瞬間に、強烈な腐臭が辺り一面に広がる。 「うう、何これ!」  あまりの匂いに、堪らず蓋を閉める。  壺の中は、蓋を開ける前には酸素を使い果たして腐敗が止まっていて匂いも治まって いたはずだが、蓋を開けたことによって空気と水蒸気が入って、再び腐敗が進んだとい うところだ。 「どこから持ってきたのかしら」  背後で音がする。 「お母さん、何しているのよ」  振り返ると美咲が帰ってきていた。 「勝手に入ってこないでって言っているでしょ」  その制服姿は乱れており、何より両手に付着した赤い汚れ。  明らかに血液かと思われる。  そして右手にはキラリと輝く刀子。 「おまえ、それ……」  と、言いかけたその表情が歪む。  胸元にはぐさりと突き刺さった刀子。  力尽きたように美咲に寄りかかる。  身動きしなくなった母親を、ヒョイと軽々と肩に抱え上げる。  やおら窓際に寄りガラリと開けると、外の闇へと飛び出した。
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 15 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 VIII »

妖奇退魔夜行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 15 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 VIII »