最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の捌 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ VII »

2019年6月29日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 VIII

第三章 第三皇女
                VIII 「内乱ですか……。宇宙港の物々しい警戒はそのためだったわけですか」 「双方にはそれぞれ穏健派と急進派がありまして、急進派の人々が至る所で騒動やテロ を引き起こしているのです。要人の暗殺も起きております」 「大変な事態ですね。これは早急に手を打たないと、漁夫の利を得てバーナード星系連 邦の思う壺にはまりますよ」  それは誰しもが考えていることであった。速やかに内乱を鎮圧して外来の敵に備えな ければいけない。そのためには首謀者であるマーガレット皇女を捕らえることである。  しかしマーガレット皇女率いる第二皇女艦隊は強者揃いである。そしてマーガレット 皇女が身を寄せているアルビエール候国にも、自治領艦隊百万隻に及ぶ大艦隊を有して いた。それはアルビエール候国が、バーナード星系連邦との国境に位置しており、領土 防衛の観点からより多くの艦艇の保有を許されてきたからである。しかも連邦の侵略を 食い止めるために、常日頃から戦闘訓練が施されて精鋭の艦隊へと成長していた。  第二皇女艦隊と自治領艦隊とを合わせて百六十万隻。  対する摂政派率いる統合軍は、第一・第三・第六皇女艦隊、そしてウェセックス公国 軍とを合わせて二百四十万隻になるが、ジュリエッタ皇女の艦隊以外は、戦闘経験がま ったくない素人の集団であった。まともな戦闘ができる状況ではなかった。  銀河帝国の汚点とも言うべき内容を、外来者であるアレックスに対し、淡々と説明す るエリザベス皇女。その心の内には、皇家の血統の証であるエメラルド・アイを持ち、 共和国同盟の英雄と称えられるランドール提督なら、解決の糸口を見出してくれるので はないかという意識が働いたのではないかと思われる。 「もし許して頂けるのなら、私がマーガレット皇女様を保護し、この宮殿にお連れして 差し上げましょう」  突然の意見具申を申し出るアレックスだった。まさしくエリザベス皇女の期待に応え る形となったのである。 「そんな馬鹿なことができるわけがない」 「冗談にもほどがあるぞ」  大臣達が口々に反論するが、一方の将軍達は黙ってアレックスを見つめていた。 「できるというのなら、やらせてみようじゃないか」  そういう表情をしていた。同じ軍人であり、以心伝心するものがあるのかも知れない。 共和国同盟の英雄、奇跡を起こす提督ならやるかも知れない。 「判りました。いずれにしてもこのままでは、のっぴきならぬ状況に陥るのは目に見え ています。前代未聞のことですが、ここは一つランドール提督にお任せしてみましょ う」  摂政が決断を下せば、それに従って行動を起こすだけである。  アレックスは声には出さず、深々と頭を下げた。 「ランドール提督には、希望なり必要なものはありますか? できる限りの便宜をはか りましょう」 「二つほどの要望があります」 「構いません。どうぞ、おっしゃってください」
ポチッとよろしく!
11

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の捌 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ VII »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の捌 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ VII »