最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 1 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 3 »

2019年6月 5日 (水)

冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 2

冗談ドラゴンクエスト
冒険の書 2 11/26 20:06 ギルド「やあ、お客さん、久しぶりじゃないですか。ええと……、そちら のお客さんは、初顔だね」
11/26 20:07 通行人女「こいつが、仕事をしたいそうだ」
11/26 20:08 勇者「俺は、まだやるとは言っていないぞ。それにこいつとはなんだ。俺 にはちゃんとした名前が……」
11/26 20:08 通行人女「そういや、まだ名前を聞いていなかったわね」
11/26 20:09 勇者「勇者だ!」
11/26 20:09 通行人女「ぷっ! 何それ、ふさけてるの?」
11/26 20:10 勇者「ふざける? 勇者という名前の勇者なのだ」
11/26 20:12 ギルド「そんなこと言ってると後が大変なんだがなあ……。わしはギルド という名前になるのか。他大勢というキャストもいるぞ」
11/26 20:13 通行人女「あたしは、通行人女? いやよ、そんな名前は」
11/26 20:13 勇者「いい名前じゃないか」
11/26 20:14 ギルド「……まあ、いい。で、仕事を請ける気はあるのかないのか、はっ きりしてくれ」
11/26 20:14 勇者「楽な内容で、高給な仕事はないか? 突っ立てるだけで1000000G とかな」
11/26 20:15 ギルド「そうだな……隣村まで荷物を運ぶ仕事はどうだ?」
11/26 20:21 勇者「1000000Gか?」
11/26 20:22 ギルド「50Gだ」
11/26 20:23 勇者「ふざけるなよ! 誰がそんなチンケな仕事を引き受けるか!!」
11/26 20:28 通行人女「ふざけてるのは、あなたじゃない。身も知らぬ初対面に重要な 仕事を最初からまかせられると思う? まずは手始めに簡単な仕事からというのが常識 よ。仕事をこなしていくうちに信用がついてきて、大きな仕事を任せられるようになる というものよ」
11/26 20:29 勇者「面倒だな」
11/26 20:29 通行人女「馬鹿言ってんじゃないの!」
11/26 20:30 勇者「しかし、50Gなんてはした金受け取っても何も買えんじゃないか。 ここの武器屋においてあるのは6桁や7桁という馬鹿高い代物ばかりなんだぜ」
11/26 20:31 通行人女「それはここが城下町だからよ。魔王を退治するために必要な最 強の武具が置いてあるのよ」
11/26 20:31 ギルド「荷物を運ぶ隣村に行けば50Gで買える安い武具を売っているよ。 何せ冒険の最初の村だからね」
11/26 20:32 勇者「冒険の最初?」
11/26 20:32 通行人女「そういうことよ。冒険はそこからはじまるのよ」
11/26 20:33 勇者「じゃあ、この城下町はなんなんだ?」
11/26 20:34 通行人女「決まっているじゃない。国王に謁見し、冒険の使命を受けるた めに存在するのよ。あなた、国王から姫の救出を依頼されたでしょう?」
11/26 20:35 勇者「そう言われればそんなこと言われたような気も……そうだ。ところ で姫は美人なのか?」
11/26 20:40 通行人女「姫を救出するために、魔王の居城の場所とかの情報を集め、立 ちはだかるモンスターをなぎ倒して、経験を積んで一人前の冒険者になる必要があるわ。 その時のために必要な強力な武具がここにあるというわけよ」
11/26 20:40 勇者「おい!」
11/26 20:40 通行人女「その仕事請け負います」
11/26 20:41 勇者「こら! 無視するなよ」
11/26 20:42 ギルド「よし決まりだな。依頼主は城下町の南門のそばの道具屋だ。荷物 を受け取って届け先を聞いて、隣村へ向かってくれ」
11/26 20:45 勇者「だから、人の言うことを聞けよ!」
11/26 20:47 通行人女「ほれほれ、依頼を受けに道具屋に行くわよ」
11/26 20:49 ナレ1「と、勇者の背中を押してギルドを出る」
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 1 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 3 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 1 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 3 »