最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 IX | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 20 »

2019年7月 7日 (日)

銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ VIII

 

 機動戦艦ミネルバ/第四章 新型モビルスーツを奪回せよ

                VIII

 

 ミネルバが海上で奮戦している頃、丘の上の特殊部隊陣地では作戦決行の準備に余念
がなかった。銃器の手入れ、爆弾の信管のチェック、侵入ルートの再確認などである。
「ミネルバはどうしている?」
 隊長が見張りに確認している。
 丘の上からは海上がよく見渡せ、守備艦隊と交戦しているミネルバの模様が手に取る
ようにわかる。
「だいぶ苦戦しているようです」
「しかしたった一隻でこの基地にやってくるなんて無謀なのではないでしょうかね」
「作戦部の首脳達の考えだろう。ミネルバ一隻で何とかなるとね。何せ最新鋭の機動戦
艦らしいからね」
「下の者は命令されれば、どこへでも行く。たとえ困難な任務と判っていても服従する
しかない」
 その兵士が言ったことは、ミネルバもそうだが、こんな敵地に潜入している俺達も災
難だという含みを持っていた。
「まもなく作戦時間です」
 副隊長が時計を指差しながら注意した。
「よし。起爆装置をセットしろ」
 トーチカへ続く山腹に仕掛けた爆弾の無線信管を作動させるための起爆装置が接続さ
れる。
「作戦三十秒前です」
「カウント! 十秒前からだ」
「十秒前、九、八、……」
 起爆装置に手が掛かる。
「三、二、一」
「爆破!」
 起爆装置のスイッチが入れられる。
 するとトーチカのある山腹が大音響を立てて崩れ落ちた。
「よし! 突撃開始だ」
 特殊部隊が一斉に山肌を駆け下りてゆく。
「キースの班は訓練生を誘導しろ」
「はい」

 

 海上にあるミネルバ。
「艦長! トーチカのある山腹が爆発しました」
「トーチカのエネルギーシールド消失」
「特殊部隊が成功したようね。浮上します。アーレスのセーフティーロック解除、発射
体勢へ」
 ゆっくりと海上から浮上をはじめるミネルバ。
 海上に落とした影の中に、目標を失った数本の魚雷がさ迷っている。
「まずは右側のトーチカから叩きます。艦を右に六度回して」
 艦の真正面にしか発射できないアーレス。照準合わせは艦の方を目標に向けるしかな
い。しかし一度発射されれば山の一つや二つは粉々に粉砕してしまう威力を持っている。
「照準合いました」
「アーレス発射!」
 一筋の光輝がアーレスを発してトーチカへと向かう。実際には光の速度を持っている
レーザーなので一瞬の出来事なのであるが。
 トーチカを含む山肌が見事に吹き飛んだ。
「第二射準備。目標、左のトーチカ」
「回頭! 左三十度」
「燃料ペレット再注入」
「レーザー励起開始」
「回頭微調整、左へ三度」
 左のトーチカが砲撃してきたが、有効射程距離に入っておらず、射程を延ばすための
山なりの放物線弾道だった。弾丸スピードもかなり低下していて、CIWSで十分迎撃
が可能であった。
「アーレス発射体勢に入りました」
「発射せよ!」
 再び原子レーザーが炸裂して、二つ目のトーチカも吹き飛ばした。
「邪魔者はいなくなりました。バルモア基地へ突入します」
 ミネルバの基地への総攻撃が開始された。
「第三砲塔は地上基地を直接攻撃、第一砲塔は山肌を攻撃して山崩れを起こしてくださ
い」
ポチッとよろしく!
11

 

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 IX | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 20 »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 IX | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 20 »