最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ X | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 29 »

2019年7月22日 (月)

冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 28

冗談ドラゴンクエスト

冒険の書 28
04/10 02:03 ナレ1「一同はニーチェ村に入り、リリアの家に立ち寄った」
04/10 02:46 ナタリー「ここがリリアの家?」
04/10 02:46 リリア「ええ、そうです」
04/10 02:47 ナレ1「と言いながら寂しそうな表情のリリア」
04/10 02:48 ナレ2「かつて暮らしていた自分の家。生活臭がまだそこここに残ってい た」
04/10 02:49 コンラッド「ご両親は?」
04/10 02:49 リリア「亡くなりました。魔物に襲われて……」
04/10 02:50 ナタリー「そうなの。生活も苦しかったでしょうね」
04/10 02:58 リリア「魔物に襲われて家族を亡くした人はたくさんいますから。自分一 人だけが苦しいんじゃないと、言い聞かせていました」
04/10 02:58 コンラッド「感心しました」
04/10 02:59 ナレ1「そこへ大きな獣がのそりと入ってきた」
04/10 02:59 ナタリー「魔物!?」
04/10 03:00 ナレ1「身構えるナタリーとコンラッド」
04/10 03:01 リリア「(二人を制して)大丈夫ですよ。人を襲ったりはしませんから」
04/10 03:49 ナタリー「飼ってたの?」
04/10 03:50 リリア「そうじゃないですけど、たまに遊びにくるんです。(と言いなが ら戸棚を探している)まだあるはずなんだけど……」
04/10 03:51 ナレ1「戸棚から小さな缶を持ち出して」
04/10 03:51 リリア「やっぱり、あったわ。はい、お食べ(と獣に差し出す)」
04/10 03:52 ナレ1「獣は、目の前に差し出されたものをクンクンと嗅いでいたが、や がておいしそうに舐めはじめた」
04/10 03:55 コンラッド「それは何ですか?」
04/10 03:58 ナレ1「獣が舐めている黒い塊を指差してたずねるコンラッド」
04/10 04:00 リリア「近くの森に甘い樹液を出す木があって、それを煮詰めて固めたも のです」
04/11 03:15 コンラッド「人も食べられるのですか?」
04/11 03:16 リリア「料理の隠し味に使う程度です」
04/12 02:20 ナレ1「獣は餌を舐め終わると、リリアに飛びつくように覆いかぶさると クーンクーンと鳴いて顔を舐めはじめた」
04/12 02:22 リリア「あはは、やめて。あたしが誰か判るのね」
04/12 02:23 コンラッド「動物の本能というか野生の感で、姿は変わってもリリアさん だと判るのでしょう」
04/12 02:24 ナタリー「なるほどね。獣も馬鹿にはできないわね」
04/12 02:26 ナレ1「やがて獣は、振り返り振り返りしながら名残惜しそうに去ってい った」
04/12 02:48 コンラッド「変わった動物でしたね」
04/12 02:49 ナタリー「そうね。目鼻耳と両手足が黒で、全体が白という一見熊のよう な動物でした」
04/12 02:50 ナレ1「と聞けばジャイアントパンダ(大熊猫)が想像できるであろうが、 なぜこの世界にいるかは謎である」
04/12 02:51 リリア「さてと……。旅の支度をしなくちゃね」
04/12 02:53 ナレ1「リリアが家の中を探して旅に必要な小物を集めて、ポシェットの ように腰にぶら下げた」
04/12 02:54 リリア「お待たせしました。それでは出発しましょうか」
04/12 02:55 ナタリー「準備は整ったのね。じゃあ、行きましょう」
04/12 02:55 コンラッド「まずはモトス村ですね」
04/12 02:56 ナタリー「そうね。ギルドから請け負った仕事は果たさなくちゃね」
ポチッとよろしく!
11

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ X | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 29 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ X | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 29 »