最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 31 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XII »

2019年7月26日 (金)

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾弐

陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪

其の拾弐 大阪大空襲  1945年(昭和20)3月13日23時57分から14日3時25分の大阪大空襲。  米軍の焼夷弾投下標的は、北区扇町・西区阿波座・港区岡本町・浪速区塩草に設定さ れていた。  グアムを飛び立った第314航空隊の43機が夜間に飛来し、大型の焼夷弾(ナパーム) を高度2000メートルの低空から、港区市岡に対して爆撃を開始した。  木と紙でできた日本家屋を徹底的に燃やし尽くすために開発された、民間大虐殺用の ナパーム弾による大空襲の始まりである。  続いて、テニアンから、第313航空団のB29 107機が浪速区塩草を爆撃。  さらに、サイパンから第73航空団の124機が、北区扇町・西区阿波座を爆撃。  こうして一晩で大阪中心部はほぼ壊滅状態の焼け野原となった。  阿倍野区は、照準点から少し離れてはいたが、大火災による延焼は避けられなかった。  至る所で火の手が上がり、木造家屋を燃やし尽くしていった。  それでも、奇跡的に延焼被害を免れた家屋も所々に散見された。  そんな家屋の一つ、江戸時代から続く旧家があった。  母屋を囲うようにして高い土塀があったために延焼を免れたようである。  その玄関先に一人の男が立ち寄った。  シベリア抑留から解放され帰国した元日本軍兵士で、久しぶりの我が家の玄関前に立 ったのだ。  シベリア抑留者は、厳寒の中での重労働を強制される他、ソ連共産党による徹底的な 「赤化教育」が施された。 「天皇制打破」「生産を上げよ」「スターリンに感謝せよ」などのスローガンを叩きこ まれてゆく。いち早く順応し優秀と見なされた者は待遇もよくなり、従わない日本兵へ の「つるし上げ」が横行した。日本人が日本人を叫弾するという悪習がはびこっていた のである。する方もされる方も次第に精神を病んでいった。  長期抑留から解放されて日本への帰国がかなっても、祖国は焼野原となり多くの者が 家を失っていた。  安堵して故郷の土を踏んだ矢先、入港した途端に警察に連行され「アカ(共産主義)」 というレッテルを張られて独房に入れられて執拗な尋問を受ける者も多かった。やっと 解放されても、どこへ行っても警察の監視が付いて回った。  その男もそのような待遇に合わされた一人であった。
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 31 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XII »

妖奇退魔夜行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 31 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XII »