最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾壱 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ X »

2019年7月20日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XI

第三章 第三皇女
                 XI  物語に戻ることにする。  インヴィンシブルの艦橋。  貴賓席に腰を降ろしているジュリエッタ皇女と、その両脇に直立不動の姿勢で立って いるネルソン提督とアレックス。  艦橋オペレーターは、アレックスの方をチラチラと訝しげに垣間見ている。 「まもなく、アルビエール候国領内に入ります」 「ここから先は、自治領を侵犯してゆくことになります」  オペレーターの報告に対して説明するネルソン提督。 「いつ、どこから攻撃を受けるか判らないということですね」 「はい、その通りです。マーガレット様の艦隊は航空母艦を主体とした艦隊編成ですの で、まずは戦闘機の大編隊が襲い掛かってきます」  ジュリエッタの質問に詳しい解説を加えるネルソン提督。 「マーガレット皇女様の旗艦は、攻撃空母アークロイヤルでしたね?」  確認を求めるアレックスにネルソン提督が答える。 「はい。舷側に皇家の紋章が配色されているので、すぐに判ります」 「ありがとう」  頷きながら正面スクリーンに敵編隊を探し求めるような表情を見せるアレックスだっ た。 「ランドール提督宛て、ヘルハウンドより入電しています」  艦内の緊迫感を一気に高める声だった。  アレックスは冷静に対応する。 「繋いでください」  正面スクリーンにポップアップ画面でヘルハウンド艦長が映し出された。 「P-300VXが敵艦隊を捉えました」 「よし。索敵を続行。マーガレット皇女の旗艦空母アークロイヤルを探せ! それとド ルフィン号をこちらに回してくれ。今からそちらへ行く」 「了解!」  艦長の映像が途切れて、元の深遠の宇宙空間が広がる映像に戻った。  アレックスはジュリエッタに向き直って、先程の交信内容を実行することを伝えた。 「これより我がサラマンダー艦隊は、マーガレット皇女様を保護するために、皇女艦隊 への突撃を敢行いたします」 「たった二百隻で大丈夫ですか?」  心配そうに尋ねるジュリエッタに微笑みながら答えるアレックスだった。 「六十万隻を相手にするのではなく、目標のアークロイヤル一隻のみですので大丈夫で すよ。ジュリエッタ様は、作戦通り援護射撃に専念してください」  ヘルハウンドに戻ったアレックスは、早速サラマンダー艦隊に進撃を命じた。 「機関出力三分の二、加速三十パーセント。マーガレット皇女艦隊に向けて進撃開始」  速度を上げてジュリエッタ艦隊を引き離すように先行してゆくサラマンダー艦隊。 「まさか、このヘルハウンドで、たて続けに戦闘をするなどとは思わなかったな」  愚痴ともとれる言葉に、艦長が笑いながら答えた。 「いいじゃありませんか。我が艦隊の乗員達も提督を指揮官に迎えて、みんな張り切っ ているのですから」  艦長に呼応するかのように、オペレーター達が立ち上がって答える。 「艦長のおっしゃるとおりです」 「かつての独立遊撃艦隊の復活です」 「提督となら地獄の果てまでもご一緒しますよ」 「おいおい。地獄はないだろう。天国にしてくれ」  笑いの渦が沸き起こった。  本来なら笑っていられる状態ではなかった。六十万隻もの大艦隊がひしめく中に飛び 込んで、皇女艦に取り付いて、白兵戦でマーガレット皇女を保護しようというのだから。 まさしく命がけの戦いで、地獄の果てまでという言葉が出たのもそのせいなのだ。  しかし、サラマンダー艦隊に集う士官達に迷いはない。提督と共になら、火中に栗を 拾いに行くこともいとわないのである。  まさしくミッドウェイ宙域会戦の再来ともいうべき作戦が開始されようとしていた。 ポチッとよろしく!
11

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾壱 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ X »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾壱 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ X »