最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 20 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 22 »

2019年7月 9日 (火)

冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 21

冗談ドラゴンクエスト

冒険の書 21

 

 

03/15 22:36 ナタリー「お久しぶりです。司祭様」

03/15 22:42 司祭「元気にしておったか、何よりじゃな」

03/15 22:43 ナタリー「早速ですが、祭殿をお借りしたいのですが」

03/15 22:44 司祭「ほう……。そこの亡くなられておられるお方を蘇生させるのじゃ
な」

03/15 23:31 ナタリー「はい。大切な仲間ですので」

03/15 23:33 司祭「よろしい。使いなさい」

03/15 23:33 ナタリー「ありがとうございます」

03/15 23:37 ナレ1「二人は教会内に入り祭殿に勇者の亡骸を横たえた」

03/15 23:40 騎士「わさわざ教会に運ばなくても、その場で蘇生できなかったのです
か?」

03/15 23:54 ナタリー「司祭様のような高級神官ならできるけど、あたしのような普通
の僧正程度では無理」

03/15 23:57 騎士「レベルの問題というわけですか」

03/17 03:32 ナタリー「レベルというよりも、野外には魔物や怨霊が徘徊して、気を乱
す雑念の要素があふれているからね」

03/17 03:33 騎士「蘇生術には精神統一できる環境が必要というわけですか」

03/17 03:34 ナタリー「そうね。祭殿には結界が張られて、魔物は近づけないから」

03/17 03:36 騎士「なるほど……」

03/17 03:37 ナタリー「まあ、司祭様くらいになると、結界を張りながら蘇生できるけ
ど。あたしは、二つのことを同時にはできないからね」

03/17 03:39 騎士「それで教会ですか」

03/17 13:44 ナタリー「さてと……はじめますか」

03/17 13:45 騎士「雑念が入らないように少し離れて見ています」

03/17 13:45 ナタリー「ありがとう。そうしてくれると助かるわ」

03/17 13:46 ナレ1「祭殿入口付近まで退く騎士であった。」

03/17 13:46 ナレ2「目をつぶり精神集中して詠唱をはじめるナタリー」

03/18 22:45 ナレ1「やがて勇者の身体が輝きだす」

03/21 02:53 騎士「復活の時きたるかな?(つぶやく)」

03/21 02:54 ナタリー「ふうっ(ため息をつく)」

03/21 02:55 騎士「成功ですか?(歩み寄る)」

03/22 03:13 ナタリー「たぶん……しばらく様子をみましょう」

03/22 03:15 ナレ1「勇者は何の変化も見られなかった。本当に蘇生は成功したのだろ
うか?」

03/22 03:16 ナレ2「しばらくすると、勇者の手がかすかに動いたように見えた」

03/22 03:22 ナレ1「やがて、むっくりと身体を起こす勇者」

03/22 03:33 騎士「成功しましたね」

03/22 03:33 ナタリー「一応、そうみたいね」

03/22 03:34 ナレ1「キョロキョロとあたりを見回す勇者」

03/23 03:29 ナタリー「気が付いたようね」

03/23 03:37 ナレ1「なおも状況が判らないといった表情の勇者」

03/23 03:40 勇者「ここはどこ?」

03/23 03:40 騎士「カタリ村の教会です」

03/23 03:42 勇者「カタリ村?」

03/23 04:01 ナレ1「横たえられている祭壇から降りようとするが」

03/24 02:42 勇者「なにこれ?」

03/24 02:43 ナレ1「といいつつ、自分の身体のあちこちを触っている」

03/24 02:44 勇者「あたしじゃない! なんでよ?」

03/24 02:44 ナタリー「あたしじゃない……?」

03/24 02:51 勇者「あたしじゃないのよ!」

03/24 02:52 騎士「どういうことですか?」

ポチッとよろしく!
11

 

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 20 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 22 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 20 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 22 »