最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 36 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 38 »

2019年8月 6日 (火)

冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 37

冗談ドラゴンクエスト

冒険の書 37 05/04 01:51 ナタリー「ギルド? 報酬はいくら?」
05/04 01:52 道具屋「マンドレイクを重量100グレンあたり、10000Gです」
05/04 01:53 ナタリー「よっしゃー! その依頼、あたし達が請け負った」
05/04 01:55 道具屋「それはありがたいのですが、この村のギルドの職員もみな猫にな ってますから、契約ができないですよ」
05/04 01:55 ナタリー「あなたと直接契約はできないの?」
05/04 01:56 道具屋「それはできません。二重契約になりますから」
05/04 01:57 ナタリー「うう……。なんとかならないのかしら」
05/05 03:46 コンラッド「村人が困っているのに、黙って見過ごしていくわけにもいか ないでしょう」
05/05 23:24 ナタリー「そりゃまあ、コンラッドは騎士で、人を助けるのが心情の職業 ですものね」
05/05 23:25 コンラッド「そのとおりです」
05/05 23:27 リリア「いいじゃありませんか。袖触れ合うも多少の縁というじゃありま せんか」
05/08 03:42 道具屋「こうしませんか。私が証人になりますから、後承認契約を結びま しょう」
05/08 03:42 ナタリー「後承認契約?」
05/08 03:43 道具屋「たった今、わたしが考え出したものです」
05/08 03:44 ナタリー「なんだ、それじゃあ効力がないんじゃない?」
05/08 03:46 道具屋「それは何とも言えませんが、ギルドの方々だって猫にされた呪い を解いてもらうんですから。きっと納得していただけるでしょう」
05/08 03:46 ナタリー「あやしいものだわね」
05/08 03:47 道具屋「あともう一人証人があった方が良いでしょう。そこの騎士さんが 良いでしょう」
05/08 03:47 コンラッド「わたしですか?」
05/08 03:49 道具屋「お見受けしたところ、王国騎士団のナイトの称号を持っていらっ しゃるようですね」
05/08 03:50 コンラッド「判りますか?」
05/08 03:51 道具屋「身内からあふれる気品が漂っています」
05/08 03:59 ナタリー「ナイトって偉いの?」
05/08 04:01 リリア「王国のために身を奉げ、国民を守るために死をもいとわずに戦う とか」
05/08 04:03 道具屋「そうです。公式的に認められた身分ですからね」
05/08 04:03 ナタリー「いわば、国家公務員上級職みたいなものね」
05/08 23:56 リリア「なんですか? その公なんとかというのは……」
05/09 00:00 ナタリー「官僚天下りでべらぼうな報酬を貰ったり、予算から裏金として プールしたりして自分達の遊行費や飲食代として、国民の税金を無駄使いする悪徳役人 のことよ」
05/09 00:01 リリア「ひどい話ですね」
05/09 00:05 ナタリー「そのくせ人手が足りないかったからと言い訳して、幼児虐待や 育児放棄で多くの子供たちが死んでいくのを、手をこまねいて見過ごしている職務怠慢 な奴らとかね」
05/09 00:06 リリア「許せないですね。高給をいただいているのだから、24時間血眼 になって国民のために働きなさいといいたいです」
05/09 00:07 道具屋「あの……。何の話しをしておられるのですか?」
05/09 00:08 ナタリー「ああごめん。話がそれたわね、ニポンとかいうおめでたい国の ことを言っていたのよ」
05/09 00:11 道具屋「ニポン?」
05/09 00:12 ナタリー「海を遥か遠くに渡った、地球の果てにあるという広大な滝のす ぐそばにあると噂されている国でね」
05/09 00:16 コンラッド「話を元に戻しませんか?」
05/09 00:17 ナタリー「ああ、悪かったわね。コンラッドはいい人だから気にしないで ね」
05/09 00:18 コンラッド「ともかくマンドレイクを採集するために、妖精の森に出かけ ようと思うんです」
05/09 00:20 ナタリー「いよっ! さすが王国騎士、どんな苦難にも挑戦するいい男」
05/09 00:20 コンラッド「茶化さないでください」
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 36 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 38 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 36 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 38 »