最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 43 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XV »

2019年8月16日 (金)

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾伍

陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪

其の拾伍 対峙  パトカーが走り回る街、その夜も新たなる犠牲者が出た。  蘭子は神田家の玄関前に立ち止まり、帰り人を待っていた。  神田美咲の帰りを……。  やがて美咲が帰ってくる。 「お帰りなさい」  冷静に声を掛ける蘭子。 「何か用?」  巫女衣装姿の蘭子を目にして怪訝(けげん)そうな表情で答える美咲。 「いえね、学校何日も休んでいるから様子見にきたの」 「大丈夫だから……」 「お母さんが亡くなられたという気持ちは分かるけど……」 「ほっといてくれないかな」  とプイと顔を背けて、玄関に入ろうとする。 「それはそうと、大きな壺を拾わなかったかしら?」  単刀直入に切り出す蘭子。  美咲の身体が一瞬硬直したようだった。 「なんのことかしら」 「いえね、近所で口径30cmほどの壺が、胞衣壺らしいんだけど、掘り出されたの。 でも、いつの間にか消え去っていて、その直後に切り裂き事件が発生しているのよ」 「そのことと、わたしに関係があるのかしら」 「発見された場所が、あなたの学校からの帰り道の途中にあるのよ。何か見かけなかっ たなと思って」 「知らないわ」  と玄関内に入ろうとする。  それを制止しようと、美咲の左腕を掴む。  袖が捲れて、その手首が覗く。  その時蘭子の目に、リストカットされた傷跡が見えた。 「この腕の傷はどうしたの?」  一見には何もないように見えるが、霊視できる蘭子の眼にははっきりと、霊的治癒さ れている痕跡が見えるのだった。  蘭子の手を振り解き、 「な、なにもないじゃない。どこに傷があるというの?」 「いいえ、わたしの目には見えるのよ。霊的処方で治癒した跡がね」  図星をさされて、傷跡を右手で隠す。 「あなたの部屋を見せていただくわ。二階だったわよね」  というと強引に上がろうとする。  至極丁寧にお願いしても断られるのは明確だろう。 「待ってよ」  制止しようとするが、武道で鍛えた蘭子の体力に敵うはずもなく。  非常識と言われようが、これ以上の被害者を出さないためにも、諸悪の根源を断ち切 らなければならない。  本当に美咲が【人にあらざる者】に憑依されているのか?  という疑問もなきにもあらずだったが、美咲のリストカットを見るにつけ、その不安 は確かなものとなった。  魔人と【血の契約】を交わした者は魂をも与えたに等しく、魔人を倒したとしても本 人を助けることはできない。  美咲の部屋のノブに手を掛けようとして、一瞬躊躇する蘭子。  呪いのトラップが掛けられているようだった。  懐から式札を取り出して式神を呼び出すと、代わりにドアノブを開けさせた。  とたんに一陣の突風が襲い掛かり、式神は微塵のごとく消え去った。  開いた扉から慎重に中に入る蘭子。  そこには神田美咲が待ち受けていた。  瞬間移動したのか?  そうまでして守らなければならない大事なものが、この部屋にあるということだろう。
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 43 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XV »

妖奇退魔夜行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 43 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XV »