最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 46 | トップページ | 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾陸 »

2019年8月22日 (木)

冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 47

冗談ドラゴンクエスト

冒険の書 47 勇者「罠とは小癪なことを、脱獄名人・縄抜け名人の俺にかかれば朝飯前じゃ……あれ れ?」 ナレ1「抜け出そうとするが、身動きできない」 ナタリー「残念ね。その網には呪縛の魔法が掛けてあるのよ」 勇者「ち、ちくしょう……」 ナタリー「さてと、そこどいね」 ナレ1「と言うと、魔法を使って勇者を網ごと部屋の片隅に移動させた」 勇者「ここから出せ~!」 ナタリー「無駄よ。魔法を解かない限り抜けられないわよ」 勇者「この借りは、必ず払ってもらうからなあ」 ナタリー「静かにしてよね、眠れないじゃない。さてと、おやすみなさい」 ナレ1「なんやかんやで、夜が明ける」 コンラッド「おはようございます」 リリア「いい天気ですよ」 ナタリー「おっは~!」 宿屋「おはようございます。皆さん、ぐっすり眠れたでしょうか?」 勇者「一睡もできなかったぞ(怒)」 宿屋「あらまあ!いかがなされましたか?」 勇者「こいつが(ナタリーを指さして)」 ナタリー「(勇者の口を塞いで)ああ、こいつの言うことは気にしないでいいですよ」 勇者「ぐぐぐぐ~(口を塞がれて声が出せない)」 コンラッド「私は、一度王宮に伺わなければならないので、出発の準備をしておいてく ださい」 宿屋「食事をされてからでいいのでは?」 コンラッド「いえ、一秒でもお待たせするわけにはいきませんから」 ナレ1「王宮謁見の間。国王の前で傅くコンラッド」 国王「おお、朝からご苦労であった」 コンラッド「陛下におかれましては、ご健勝のほどお慶び申し上げます」 国王「コンラッドも忙しい身であろう。早速だが、これを遣わす」 ナレ1「侍従から書状を受け取ってコンラッドの前に差し出す」 ナレ2「数歩前に進み、傅きながらうやうやしく受け取るコンラッド」 国王「大神官様への紹介状である。有用に使うが良い」 コンラッド「ははっ!重々承知にございます」 ナレ1「コンラッドが宿屋に戻ると、一行の出発準備は整っていた」 リリア「お帰りなさい。出発準備は整ってます」 ナタリー「最初に大神官様にお会いするのよね」 リリア「大聖堂ですよね」 コンラッド「では、参りましょうか」 勇者「おお、気を付けて行けや」 ナタリー「あんたが行かなきゃ始まらないじゃない」 勇者「なんでだよ?」 ナタリー「パーティーの先頭は勇者と決まってるでしょ」 勇者「誰が決めたんだよお」 ナタリー「いいからきなさい(といつものように耳を引っ張り連れ出す)」
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 46 | トップページ | 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾陸 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 46 | トップページ | 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾陸 »