最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XIII | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 36 »

2019年8月 4日 (日)

銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ XII

 機動戦艦ミネルバ/第四章 新型モビルスーツを奪回せよ
                XII  バルモア基地の岸壁に強襲着陸したミネルバ。  四方八方からの攻撃を受けているが、何とか善戦している。  そこへモビルスーツ三機が走り込んでくる。発着デッキに飛び乗り、昇降機によって 艦内へと格納された。  カサンドラの訓練生達もキースの班に誘導されて次々と乗り込んでいる。 「モビルスーツ格納完了しました」 「訓練生の収容も完了しています」 「よろしい。ただちに浮上して下さい。すみやかに撤収します」  急速浮上して山越えしていくミネルバ。野砲大隊を軽く潰して砂漠へと進入した。 「シャーリー・サブリナをここへ呼んでください」  早速シャーリーが呼ばれる。  フランソワの前に出て敬礼するシャーリー。 「報告を」 「はっ。今回の作戦任務において、旧式モビルスーツ二機と新型一機とを奪取に成功し ました。しかしながらもう一機の新型は、奪取に成功したものの、パイロットが操作ミ スをしたのか、システムが暴走したのか、はるか彼方へと飛んで行ってしまいました。 この機体のパイロットは、実はカサンドラの訓練生です。本来乗り込む予定だったキャ ンベル伍長が撃たれ、起動ディスクを受け取った訓練生が代わりに乗り込んでしまった のです」 「なるほど、良く判りました。詳細報告書は後にして、下がって休みなさい」 「ありがとうございます。失礼します」  再び敬礼して、踵を返して引き下がるシャーリー。 「新型モビルスーツの飛び去った軌跡を追跡できたか?」 「はい。追跡できております」 「発信機の方も、微かではありますが受信しております」 「よし! 新型は是が非でも回収せねばならない」  その頃、アイク達の乗る新型モビルスーツは砂漠の真ん中に不時着し、岩にもたれか かるようにしていた。  コクピットの中で膨れっ面のサリー。計器類を調査しているジャン。そしてアイクは というと、シートに深々と腰を沈め腕枕をして、ぼんやりと映像の消えたスクリーンを 眺めている。  電力消費を倹約するために、必要最低限の機器だけを作動させていた。 「なんで墜落したのよ」 「しようがないだろう。ガス欠なんだから」 「動けないなら、歩いて近くの町へ避難しましょうよ」 「ここは砂漠のど真ん中だぜ。一番近くの町でも何百キロとあるんだ。途中で干からび ちゃうよ。それに至る所が流砂になっていて、踏み込んだら最期、あっという間に砂の 中に沈んで窒息死だよ」 「寒いわ……」 「そうだな。外の気温は五度。夜明けには氷点下にまで下がるが、昼間になると今度は 灼熱地獄変わるさ」 「ヒーター入れてよ」 「だめだよ。エンジンが動いていないんだ。すぐにバッテリーがなくなるよ。遭難信号 を出す発信機のために電力を残しておかなくちゃ」 「……。ところでジャン。さっきから何をやってるの」 「こういう場合に備えて、大概サバイバルツールが装備されているはずなんだ。それが どこにあるか調べているんだ」 「弾丸だって一発も積んでいないんだぜ。サバイバルツールだって積んでないんじゃな いか?」 「いや、サバイバルツールは常備品として、出荷時点で積むからあるはずだ」 「でも撃墜されて、脱出シュートで緊急脱出したら使えないんじゃない?」 「脱出?」  見合わせるアイクとジャン。 「そうか! 座席だ。座席の下だ」  座席を動かして下を探す二人。
ポチッとよろしく!
11

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XIII | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 36 »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XIII | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 36 »