最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 48 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 50 »

2019年8月27日 (火)

冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 49

冗談ドラゴンクエスト

冒険の書 49 ナレ1「道しるべの羅針盤を入手して、『いざ!龍峡谷へ』と大聖堂から出てくる一 行」 コンラッド「龍峡谷は、入ってきた反対側の東大門からの出発です」 リリア「まずは道具屋で、食料とかの必要品を買い揃えておきましょう」 ナタリー「聖水とかも一杯買っておきましょう」 コンラッド「私は、武器屋に寄りたいので、東大門の所で落ち合いましょう」 ナレ1「ほどなくして東大門で落ち合う一行」 リリア「それでは出発しましょう!」 勇者「おお、気を付けて行けや」 ナタリー「行くわよ!(勇者の耳を引っ張っていく)」 ナレ1「こうして、新たなる旅が始まるのである」 衛兵「コンラッド様、旅に出られるのですか?」 コンラッド「ああ、今度は長い旅になりそうだ」 衛兵「お気をつけて行ってらっしゃいませ(と重い扉を開け放つ」 ナレ1「全員が城外に出た所で、城門は閉ざされ新展開の世界へと飛び出した」 ナレ2「とはいえ、まず最初にするのは雑魚モンスターを退治して、レベルアップに励 むことである」 ナレ1「と言っているそばからモンスターが現れた」 コンラッド「みなさんこれをどうぞ(武器を渡す)」 ナレ1「三人に「聖なるナイフ」を手渡した」 リリア「(ナイフを受け取り)それで武器屋に?」 ナタリー「気が利くわね、流石リーダーだわ」 勇者「おい、俺がリーダーじゃなかったのか?」 ナタリー「何よ、今のあなたはスケベなただの花売り娘じゃない。勇者という名前の ね」 勇者「俺は、花売り娘なのか?」 リリア「そうです(キッパリと)」 勇者「ドラクエにそんな職業あったか?」 コンラッド「無駄話はよして戦いに集中しましょう」 ナタリー「そうだった。目の前にモンスターがいたんだ」 勇者「大丈夫だ、ドラクエはターン制。こっちのコマンド入力戦闘が終わるまで、モン スターは襲ってはこない」 ナレ1「モンスターがいきなり襲ってきた。勇者に50Pのダメージ」 勇者「そ、たまに奇襲されることもあるから要注意だ」 ナタリー「何をのんきな事言ってるのよ」 コンラッド「えい!(とばかりに、モンスターをなぎ倒した)」 ナレ1「チャリラリラン、と天から鳴り響く」 ナレ2「勇者はレベルアップした。体力その他1アップした」 勇者「おっ!久しぶりに聞く天の声か。しかし【1】とは、相変わらずせこいな」 ナレ1「なんやかんやとモンスターを倒しながら進んだ先、目の間に広大な海の広がる 海岸に出てきた」 リリア「これが海ですか?はじめて見ました」 勇者「俺もはじめてだ。何せ、城から一歩も出たことがなかったからな」
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 48 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 50 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 48 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 50 »