最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XIV | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 40 »

2019年8月11日 (日)

銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ XIII

 機動戦艦ミネルバ/第四章 新型モビルスーツを奪回せよ
                XIII  座席を動かして下を探す二人。 「あったぞ!」 「こっちもだ」  取り出したサバイバルツールには、次のようなものが収められていた。  非常用携帯食糧、浄水器、拳銃と弾丸1ケース、コンパス、発炎筒、サバイバルナイ フ、断熱シートなどなど。 「食糧は当然として、こんな砂漠で浄水器が役に立つかよ。ミネラルウォーターくらい 入れとけよ」 「拳銃と弾丸は、獣を撃って食料にしろということだろうけど……。砂漠に獣がいるわ きゃないだろが」 「いるのは毒蛇か昆虫くらだぜ」 「まあ、自殺するのには役立つけどな」 「やめてよ、まだ死にたくないわよ」 「ほれ、断熱シートにくるまってろ。寒さよけになる」  熱を遮断する不織布製のシートで、くるまっていれば体温の放射を少なくして、温か く感じるというものである。 「うん」  素直に答えて、断熱シートにくるまるサリー。 「我慢できなくなったら、ジャンと替わってもらうさ。どうせ今夜一晩だけの我慢だ。 明日には救援がくるさ」 「この新型を奪取するために、機動戦艦ミネルバがやってきたり、特殊工作部隊を潜入 させたりして、並々ならぬ戦力を投入している。新型を重要な戦略の一環として考えて いる証拠だよ。だから必ず回収にくるさ」 「だといいんだけど……」  ミネルバ会議室。  カサンドラから収容された訓練生達が集合している。  前方の教壇に立って、訓示する教官役の二人。 「君達は、このミネルバに自ら進んで乗り込んできたわけだが、このミネルバにおいて も引き続き、実戦に即した訓練を行う予定だ。成績優秀な者は順次実戦徴用する。しか し知っての通りに訓練機は一機もないし、君達パイロット候補生に搭乗してもらう実戦 機は限られている。全員に対して十分な訓練を施すことができない。そこで適正試験を 行って優秀な十名のみを選抜して、パイロット候補生とする。残りの者は、他の部門へ の配置換えを行う」  ここで、訓練生達にプリント用紙が配られた。  タイトルには、配属希望表と書かれ、パイロット以下被服班、給食班、衛生班、工作 班、恒久処理(ダメコン)班、などの配属先名と、仕事の内容が書かれている。  担当が入れ替わって説明を続ける。 「適正試験に合格する自信のない者は、パイロット以外の希望職種を記入して、明日午 後三時までに総務部室へ提出するように。第一志望から第三志望まであるから、良く考 えて記入するように。私からは以上だ」  ここで女性士官に替わった。 「私は、皆さんの日常生活をお世話する担当です。何か相談事や心配事があったら、い つでも気軽に相談して下さい。配属された部署がどうしても合わないなどで、配置換え を希望する時も遠慮なく申してください。それでは、皆さんの宿坊を決めましょう。不 公平のないように、くじ引きで決めます。男女別々ですからね。前に出てくじを引いて ください。男子は青い箱、女子は赤い箱です」  ぞろぞろと前に出て男女別々のくじ箱に手を差し入れて、くじを引いている訓練生。 ワイワイガヤガヤとおしゃべりしながらなのは、まだまだ大人になりきれない子供だか らだろう。実戦を知らず世間も知らない訓練生だった。 「くじに書かれた部屋番号は、後の壁に貼ってある艦内見取り図を見て、部屋の位置を 確認して下さい」  ここで一旦解散となり、各自の宿坊へと向かうように指示が出た。もちろん宿坊以外 の場所への立ち入りは厳禁である。追って連絡があるまで宿坊から出ないようにとも。
ポチッとよろしく!
11

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XIV | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 40 »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XIV | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 40 »