最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾参 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ XII »

2019年8月 3日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第三章 第三皇女 XIII

第三章 第三皇女
                XIII 「敵艦隊旗艦、アークロイヤル発見!」  ついに待ちに待った情報が届いた。 「ようし、遊びは終わりだ。全艦ワープ準備! 敵旗艦空母の周辺に座標設定」 「了解! ワープ準備に入ります。座標設定、敵空母周辺」  操舵手が復唱する。まさに楽しそうな表情で、ピクニックにでも行くようだ。それも そのはずで、あのミッドウェイにおいても操舵手を務めていたのである。空母攻略のた めの小ワープは、その時と状況がほとんど似通っており経験済みの余裕であった。 「白兵戦の要員は、ただちに発着場に集合せよ」  ミッドウェイでは総攻撃を敢行したが、今回はアークロイヤルに接舷し、白兵戦で艦 内に侵入する。そしてマーガレット皇女を保護する作戦である。 「艦長、後は任せる。作戦通りに動いてくれ」  立ち上がって指揮官席を譲るアレックス。 「おまかせ下さい」  作戦を参謀達に伝えた時、提督自らが敵艦に乗り込むことに、反対の声も少なくなか った。しかし、作戦が困難であればあるほど、部下にだけに苦労させたくないというア レックスの心情と性格は、誰しもが知っていることである。カラカス基地攻略戦、タル シエン要塞攻略戦など、生還帰しがたい作戦だからこそ自ら率先してきたのでる。 「内乱を引き起こしたとはいえ、相手は皇女様だ。私が行かなければ失礼にあたるだろ う」  そう言われてしまうと誰も反論することができなかった。  その頃。旗艦空母アークロイヤル艦橋では、マーガレット皇女が、戦闘機編隊の不甲 斐なさに憤慨していた。 「たかが駆逐艦に戦闘機が手をこまねいているとは……」 「いいえ、よくご覧下さい。そのたかが駆逐艦の動きです。さながら戦闘機のようでは ありませんか。まるで曲芸飛行をのようです」  そう答えるのは、艦隊司令のトーマス・グレイブス少将である。 「こちらは三万機もの戦闘機で迎え撃っているのですよ。相手はたった二百隻ではあり ませんか」  戦闘機がたかが駆逐艦に負けるわけがない。  そうでなければ、自軍の艦隊編成を見直さなければならない。戦闘機の攻撃力と機動 性を信じたからこそ、アークロイヤルはじめ数多くの航空母艦を主体とした空母艦隊を 組織したのである。戦闘機がこうもあっさりと惨敗し、しかも敵艦はほとんど無傷とな れば、まさしく空母無用論を唱えたくなる。 「とにかく、このままでは……。一旦退却して体勢を整えさせましょう」  その時だった。  敵艦隊が突如として消えてしまったのである。 「消えた?」 「どういうことですか?」 「わかりません」  次の瞬間、目前に敵艦隊が再出現したのである。  突然の出来事に目を丸くして驚愕する一同。  空母は、戦闘機の発着を円滑に行うために、艦同士の距離をとってスペースを開けて おかなければならない。そのスペースを埋め尽くすように敵艦隊が、アークロイヤルの 周囲を取り囲んでしまったのである。これでは味方艦隊は攻撃をできない。まかり間違 えば、アークロイヤルに被害を及ぼしてしまうからである。 「完全に包囲されています」 「何とかしなさい」 「無駄です。我々は人質にされてしまいました。味方は攻撃することができません」
ポチッとよろしく!
11

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾参 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ XII »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾参 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第四章 新型モビルスーツを奪還せよ XII »