最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 55 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 III »

2019年9月 6日 (金)

妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の拾玖

陰陽退魔士・逢坂蘭子/胞衣壺(えなつぼ)の怪

其の拾玖 美咲魔人  軍人の幽霊が、腰に下げた軍刀を抜いて斬りかかってきた。  美咲魔人に操られているようだ。  切っ先を鼻先でかわすと同時に、懐から取り出した呪符を、その額に張り付ける。  身動きを封じた幽霊に対して、 「白虎、押さえておいて」  命じると、白虎は幽霊に覆いかぶさるように押し倒して馬乗りになった。  零体を押さえるなど人間には無理だが、聖獣の白虎なら可能である。  白虎の神通力を持ってすれば、咆哮一発消し去ることもできるのだが、この彷徨える 霊魂を成仏させて輪廻転生させたいと願っていたのである。  無に帰してしまえば生まれ変わりはできないからだ。 「ほう、そう来たか。わたしと一対一で戦おうというわけですね。でもね、こう見えて も実はわたしは不死身なんですよ」  不死身と聞いても蘭子は動揺しなかった。  これまでにも幾度となく不死身の魔人とも戦ってきた経歴を持っていた。 「ところで聞いてもいいかしら?」 「構いませんよ」 「ここで殺人が行われた時に、すでにあなたは覚醒したと思います。それが戦後70年以 上経ってから、活動を始めたのは何故ですか?」 「目覚めても、依り代となっていた壺が土の中だったからですよ。動けなかった。誰か が掘り起こしてくれるのを待っていた。で、地上に出られたは良いが、これがむさ苦し い男だったから躊躇していた」 「そんな他愛のないことで?」 「誰かに憑りつくなら綺麗な女性に限りますからね。それにこの娘とは波長が合いまし てね」 「波長が合う?」 「何故なら、この壺の主であるそこの霊体と、この娘とは血縁同士ですからね」 「血縁ですって?」 「彼には子供がいませんでしたから、叔父叔母とかの血筋ですかねえ」  意外な展開に考え込む蘭子だった。  抗争中にそんな余裕あるのかと言えば、魔人は不死身を自認しているだけに、余裕 綽々な態度を見せて蘭子を見守っているというところだ。 「あの夜、この娘がここを通りかかった時に、壺が震えました。共鳴現象という奴です ね」 「なるほど、良く理解できました」  緊張した空気の中で続けられる会話。  事の次第が明らかになったことで終わりを迎える。 「そろそろ決着を付けましょうか」 「そうですね。これ以上の話し合いは無駄のようです」  懐から虎徹を取り出し鞘から引き抜くと、それは短刀から本来の姿の長剣に変わった。  中段・臍眼に構えながら念を込める。  やがて虎徹はオーラを発しながら輝き始める。  魔人を倒すことのできる魔剣へと変貌してゆく。  美咲を傷つけることなく、魔人を倒すことができるのか?  じりじりと間合いを詰め寄りながら、 「えいやっ!」  とばかりに斬りかかる。  すると美咲魔人は、ヒョイと軽々とステップを踏むように回避した。  どうやら動きを読まれている。 「当たりませんねえ」  不敵な笑みを浮かべる。  しかし蘭子も言葉を返す。 「どうでしょう、こういう手もあるのよ」
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 55 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 III »

妖奇退魔夜行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 55 | トップページ | 銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 III »