最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 60 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 62 »

2019年9月17日 (火)

冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 61

冗談ドラゴンクエスト

冒険の書 61 勇者「ここはどこだ?」 ナレ1「先行した勇者の目の前には漆黒の闇が広がっていた」 ナレ1「勇者の目の前には漆黒の闇が広がっていた」 勇者「真っ暗だな」 ナレ1「一歩踏み出すと同時に、ふわっと出現したパーティー一行が覆いかぶさる」 リリア「きゃっ!」 ナタリー「どうやら無事に着いたようね」 コンラッド「みなさん大丈夫ですか?」 リリア「あたしは大丈夫です」 ナタリー「平気よ」 勇者「大丈夫じゃねえ!いい加減にどけよ」 ナレ1「下敷きになってしまった勇者が怒りの声を出す」 ナタリー「あら、クッションかと思ったわ」 勇者「どけえ!(と上に乗っかる一行をはねのける」 コンラッド「これは失礼なことをした」 勇者「ったく、しようがねえなあ」 リリア「勇者さんの見識が正しかったようですね」 勇者「あたぼうよ。だてにゲームキングを名乗ってねえや。ドラクエは11まで全コンプリートだぜえ(と指でVサインを示した)」 ナタリー「さすが自他ともに遊び人を自覚しているだけあるわね」 勇者「あたぼうよ」 ナレ1「おべっかを使っていることに気づかない勇者」 コンラッド「先に進みましょう」 勇者「そうは言っても辺り一面の闇だぜ。どっちへ行きゃいいんだよ」 コンラッド「大丈夫です。羅針盤が反応しています。指し示す方向へ行きましょう」 勇者「本当に大丈夫なんだろうなあ」 リリア「信じるしかありません。他に行く道がないのですから」 ナレ1「闇に包まれた世界を、羅針盤を頼りに手探りで進む一行。やがて行く先に光明が見えてきた」 リリア「光が見えます!」 ナタリー「ほんとだ。急ぎましょう」 コンラッド「足元に注意してください」 ナレ1「一行が暗闇を抜け出た先に待っていたのは……広々とした平原に断崖絶壁に囲まれた空間であった」 勇者「なんだよ、あの洞窟を抜け出た光景とまったく同じじゃないか」 ナタリー「元に戻ってしまったの?」 リリア「まさか、また幻惑視なんでしょうか?」 ナタリー「いえ、幻惑視じゃないわ。でも前とは雰囲気が違うような……」 コンラッド「見てください!あそこです(指さす)祠のようなものが見えます」 リリア「あ!ほんとうだ、行ってみましょう」 ナタリー「トラップとかに気をつけながらね」
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 60 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 62 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 60 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 62 »