最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の廿壱 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 I »

2019年9月21日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 V

第四章 皇位継承の証
                 V  【皇位継承の証】が出てきたという報は、皇家・貴族達の間はもちろんの事、全 国津々浦々にまで広がった。これほどまでの重大事に対して、他人の口に戸は立て られぬのごとく、血液検査を担当した研究者によって外部に漏れてしまったのであ る。しかもそれを携えていたのが、内乱を鎮圧したランドール提督であり、共和国 同盟の英雄と讃えられる若き指導者であることも知られることとなった。  気の早いニュース誌などは、「行方不明の皇太子現る」のスクープを報じていた。  エリザベス皇女もまた謁見の間において、侍従長の報告を聞いて絶句した。 「間違いないのですか?」 「間違いはございません。【皇位継承の証】は正真正銘の物であり、血液鑑定の結 果も行方不明であられたアレクサンダー皇子の血液と一致いたしました。提督のエ メラルド・アイが、それを証明してくださるでしょう。拾われた時に御身に付けら れていたと言う、よだれ掛けのイニシャルの刺繍もアレックス、皇子の幼名であら せられます」 「そうですか、アレックスが……」 「もう一度申し上げます。アレックス・ランドール提督は、銀河帝国における皇位 継承第一順位であらせられる、アレクサンダー皇子に相違ありません」  事実を突きつけられ、アレックスが行方不明となっていたアレクサンダー皇子で あることは明白なこととなった。本来なら大歓迎を受けるはずであったが、行方不 明を受けてロベール王子が皇太子として擁立され、皇室議会で承認されている。  二人の皇太子候補が並び立ったのである。  新たなる騒動の予感が沸き起こった。  緊急の皇室議会が召集されることとなった。  議題はもちろん皇太子の件であるが、開会と同時に議場は紛糾した。  ウェセックス公国ロベスピエール公爵の息のかかった、いわゆる摂政派と呼ばれ る議員が頑なに主張を続けた。  ロベール王子の皇太子擁立はすでに決定されたことであり、それをいとも簡単に 覆して新たに皇太子を論ずるなど皇室議会の沽券に関わる。  というものであった。  一方、  【皇位継承の証】を拠り所として、帝国至宝の絶対的権威をないがしろにするの か?  という、正統派の意見も半数近くまで占めていた。  議会は完全に真っ二つに分かれ、険悪ムードとなっていた。  このままでは、再び内乱の火種となりそうな勢いとなりつつあった。  しかし、内乱となることだけは、絶対に避けなければならない。  そこで中立派ともいうべき議員達から折衷案が提出された。  次期皇太子、皇帝は議会決定通りにロベール王子が継ぐこととし、さらなる次世 代にはアレクサンダー皇子もしくはその子孫が皇帝を継承する。ロベール王子は一 代限りの皇帝として、アレクサンダー皇子が世襲する。  というものであった。  議会の決定を尊重し、かつ【皇位継承の証】の権威を守る唯一の解決策であった。  とにもかくにも、アレクサンダー皇子の皇室への復籍と、皇位継承権第一位を意 味する第一皇子という称号授与が確認された。  これを中間報告として、皇太子問題は継続審議とされることが決定された。  謹慎処分を受け、軟禁状態に置かれていたマーガレット皇女は、アレクサンダー 第一皇子復籍の報告を受けてもさほど驚きもせず、改めて謁見の許可を求めたとい う。  それは認められて、アレクサンダー第一皇子とマーガレット皇女との対面が実現 した。  行方不明だった皇子が現れ、【皇位継承の証】も戻ってきた。  マーガレットが反乱の拠り所としたものが、目の前に立っていた。その主張が正 しかったことを証明する結果となった。
ポチッとよろしく!
11

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の廿壱 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 I »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の廿壱 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 I »