最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!!プロローグ・後編 | トップページ | 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 総集編・前編 »

2019年9月26日 (木)

あっと!ヴィーナス!!第一章 part-1

あっと! ヴィーナス!!
第一章 part-1 「うわー!」  ベットで飛び起きる弘美。汗びっしょりである。  回りを見回している。  自分の部屋にいるのを確認して安堵している。 「ゆ、夢か……。まったく変な夢を見ちまったよ。この俺を女に変えるなんてね」  まだ外は暗いので、そのまま再びベットにもぐり込む弘美。  夜が明けて窓辺から差し込む光。  まどろんでいる弘美。  と、突然。 「こらー! 起きろ。いつまで寝てるんだよ」  弘美を起こしているのは、一つ上の兄の武司だ。  弘美は五人兄弟の末っ子だった。 「もう少し……」 「起きろ!」  弘美の布団を引き剥す武司。  そして、弘美の寝姿に驚く。 「な、なんだー!」  そこには、半裸に近い姿の、しかも豊かな胸、ほっそりくびれた胴体、正しく若々 しい女の子の姿をした弘美が横たわっていたのである。 「お、お、お、おまえ……」  驚きのあまりに、言葉を失っている武司。 「う……ん。なんだよ」  目を擦りながらも、自分の身体の異変にまだ気づいていない弘美。 「か、母さん! 母さん!」  叫びながら部屋を飛び出す武司。  どたどたどたどたー!  大きな音が響いてくる。  どうやら階段から足を踏み外して転げ落ちたようだ。 「なんだよ……。何を驚いて……」  とベッドから縁に腰掛けるようにして起き上がるが、顔の前にふわりと長い髪が被 さってくる。 「ん……え?」  はじめて自分の異変に気がつく弘美。自分はこんな長い髪をしていない。  髪だけではない、その胸元には昨日まではなかった二つの膨らみがあったのだ。 「なんだよ! これは?」  そっと触ってみる。  しっかりとした弾力があって、感触がちゃんとあるところをみても、本物の乳房以 外の何物でもなかった。 「ま、まさか……?」  あわてて股間に手を当ててみる。 「な、ない……」  あるはずのものがなくなって、はいはずのものがある。  これってつまり……。  女の子になっちゃったー!  どこからどう見ても女の子だよ。  なんでこうなっちゃったの?  きのう何か変なもの食べ覚えもないし。  あーん。いくら考えても判らないよお。  部屋の外から、どたどたと昇ってくる多数の足音が聞こえてきた。 「や、やばいよ!」  この姿を見られた武司から事情を聞いて家族が確認にきたようだ。  この姿を見られるわけにはいかなかった。  弘美の部屋には鍵が付いていないし外開きだから、ドアから侵入してくる者を防ぐ 手だてがない。  あわてて布団に潜り込む弘美。 「弘美、入るわよ」  母の声がしたかと思うと、ぞろぞろと家族が入ってきた。 「ほんとに女の子がいたのか?」 「いたさ。それも弘美にそっくりな女の子。最初は、弘美が女の子を連れ込んだかと 思ったけど……。間違いなくなく弘美だよ」 「弘美が女の子になったというわけね」 「そうだよ。この目に間違いはない。視力は、1.5」  ベッドを囲むようにして家族が話し合っている。
ポチッとよろしく!
11

« あっと!ヴィーナス!!プロローグ・後編 | トップページ | 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 総集編・前編 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!!プロローグ・後編 | トップページ | 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 総集編・前編 »