最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 56 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 58 »

2019年9月10日 (火)

冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 57

冗談ドラゴンクエスト

冒険の書 57 コンラッド「ここで議論していても仕方がないですが……どうしたものか」 ナタリー「見て!(指さして)滝のそばに結構丈夫そうな木が生えてます」 リリア「ええ、確かに見えますね」 ナタリー「あれにロープを引っ掛けることができないでしょうか?」 コンラッド「そうか、その手がありましたか」 勇者「どういうことだよ」 コンラッド「あの木にロープを引っ掛けられれば、ロープを伝い川の中を渡ってい けますよ」 リリア「どうやってロープを?」 コンラッド「弓と矢を使います」 リリア「でもパーティーに弓使いはいませんが」 コンラッド「任せてください。皆さんはそこで待っていて下さい(というと森の中 に分け入った」 ナレ1「森の中から木を切るような音が響く」 ナレ2「やがて戻ってきたコンッドの手には、丈夫そうな竹と蔓そして木の棒が握 りしめられていた」 リリア「それは何ですか?」 コンラッド「弓矢を作るんですよ」 リリア「作れるんですか?」 コンラッド「まあ、見ていて下さい。それから火を起こしてくれませんか?」 リリア「分かりました。木々を拾ってきます」 ナレ1「竹をナイフで適当な長さに切り、3センチ幅に縦割りするコンラッド」 ナレ2「切り揃えた割竹の節を丁寧に削って滑らかにする」 リリア「木々を拾ってきました」 コンラッド「ありがとうございます。火を起こして熱湯を作って下さい」 リリア「わかりました」 ナレ1「言われた通りに火を起こして、飯盒でお湯を沸かすリリア」 ナレ2「その間にも着々と弓矢作りに専念するコンラッド」 リリア「お湯が沸きましたよ、コンラッドさん」 コンラッド「ありがとう」 ナレ1「と言うと、金属製の手付きコップに水を入れて、荷物袋から取り出した乾 燥ニカワを湯煎する」 ナレ2「飯盒の熱湯によって、コップの中のニカワが溶け始めて粘着性を帯び始め る」 ナレ1「ちなみに、ニカワはバイオリンなどの楽器の組み立てにも使われ、経年劣 化の少ない良質の接着剤として利用されてきた。また止血にも使われる他、主成分 がゼラチンなので食用としても用いられる。旅の必需品である」 コンラッド「よし、いいだろう」 ナレ1「溶けたニカワを使って、数本の割竹を張り合わせ始める。」 ナレ2「用の済んだ飯盒を片付けて、竹を火で炙りながら少しづつ曲げてゆき、適 当な具合で両端に蔓を取り付けて弦を張る」 ナレ1「続いて矢の製作に取り掛かる」 ナレ2「こちらは簡単だ。先を尖らせて、後ろにロープを結ぶだけだ。そして弓矢 が完成した」 リリア「出来たのですか?」 コンラッド「出来ましたが、たぶん一発限りで壊れるでしょう」 勇者「なんだよ、それって……」 コンラッド「あの木に届きさえすれば、一発あれば十分です」 勇者「で、誰が弓を引くんだ?」 コンラッド「君が引きますか?」 勇者「俺は遊び人だぜ。弓を使えるわけないだろ」 コンラッド「でしょうね。私がやりますよ」 ナレ1「と言うなり、弓矢を構えるコンラッド」 ナレ2「きりりと表情を引き締めて、弓矢の投射態勢に入るコンラッド」 リリア「コンラッドさん……(成功しますようにと祈る」 コンラッド「えい!(とばかりに、弓を射る)」 ナレ1「ロープの繋がれた矢は一直線に例の木へと突き進む」
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 56 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 58 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 56 | トップページ | 冗談ドラゴンクエスト 冒険の書 58 »