最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IV | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第二章 part-7 »

2019年10月14日 (月)

あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-6

あっと!ヴィーナス!!

第二章 part-6 「あああああああー! お、おまえは!」  何もかも思い出した! 「ヴィーナス!」  そうだ、そうだよ。  女の子にした張本人だ!  どうしてくれるんだよ。元の身体を返してくれ。  と言おうとする前に、 「それは無理ですよ。元の身体とはいうけど、あなたは女の子として生まれるはず だったのだから。つまり今の身体が本来の形なんだから」  先に答えられてしまった。  え? まだ言ってないのに……。 「あなたの心の中はすべてお見通しです」  言いながら酒を飲む。おいしそうに。 「ねえ、この方どなた? 弘美ちゃんのお知り合い?」  母さんがそっと耳打ちするように尋ねる。 「知り合いも何も、俺……(と言ったら母の目が怒っている)……。あ、あたしを こんな身体にした張本人だよ。愛と美の女神ヴィーナスとか言ってやがった」 「まあ! それは素敵!」  瞳を爛々と輝かせてヴィーナスを見つめなおしている。  あのなあ……。 「これはこれは、女神様。よくぞ弘美を女の子にしてくださいました。どうぞどう ぞ、まあ一献どうぞ」  席を譲りながら酒を薦める父。 「うむ」  威厳をもってその席に座りながら酌を受けるヴィーナス。 「当然の事をしたまでです。手違いで生まれてしまった者を元の姿に戻すのは女神 の責任なのです」 「それはそれは、さぞやご苦労なさったのでしょう。ささ、どうぞどうぞ」  母までが女神を祭り上げている。 「今の今まで、やり残したことを手掛けていたので遅くなりました」 「やり残したこと?」 「その前にもう一杯」 「あ、すみません。どうぞ」 「突然に女の子の姿になってしまっては、ご近所付き合いや学校生活に支障が出ま すよね?」 「はい、確かにそうです。実はどうしようかと悩んでいたんです。この娘が女の子 になったのはいいんですが、男の子として暮らしていましたから……」 「そう。女神としては、ただ元の姿に戻すだけでなく、女の子として正しく生活で きるようにまで面倒みなくては手落ちというものでしょう」 「そうでしょ、そうでしょう。ささ、どうぞ」  今度は信一郎兄さんが酌をしている。 「それで具体的に何をなさっておられたのですか?」 「彼女に関わるすべての人間の記憶を、彼女が女の子というものにすり替えたので す」 「ということはつまり……。何の支障もなく、この娘が女の子として、ご近所付き 合いや学校生活できるということですね?」 「その通りです」 「まあ、それはそれは、どうもお疲れさまです。どうぞ、どんどんお飲みくださ い」
ポチッとよろしく!
11

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IV | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第二章 part-7 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IV | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第二章 part-7 »