最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 闘病記・全身性エリテマトーデスとは? | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 V »

2019年10月19日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 IX

第四章 皇位継承の証
                 IX  軍部統制官という官職に就いたことで、宮廷の一角に執務室を与えられたアレックス。  まず最初に行ったことは、艦隊の予算配分状況を調べさせたことである。今は、想定さ れる総督軍・連邦軍との戦闘が避けられない中で、現在予算をどれだけ消費しどれだけ残 っているかを把握しておかなければ、いざ戦争という時に予算不足で艦隊を動かすことも できないという事態にもなりかねない。  その作業は、次官として配属された新任の武官に当たらせた。  やがて報告書を見たアレックスは驚きのあまり言葉を失ったくらいである。  一艦隊あたりの予算がべらぼうな額だったのである。  アレックスも共和国同盟軍や解放軍を統率しているから、軍政部長のルーミス・コール 大佐の報告を受けて、どれくらいの予算が掛かっているかを知っている。  ところが銀河帝国軍のそれは、共和国の三倍から四倍もあったのである。  これはどういうことかと次官に尋ねるアレックス。  委任統治領や荘園領以下城主に至るまでの何がしかの土地を与えられている高級貴族の 子弟や、土地を持たない下級貴族まで、爵位を持つ者のほとんどが、将軍として任官され ているという。しかも同じ階級ながら貴族というだけで、破格の給与が支払われていると も。 「貴族による、軍部予算の食い潰しじゃないか」  階級に見合った仕事をしてくれるならまだ許せる。しかし戦闘訓練も行ったことすらな い将軍が、艦隊を統率などできるはずがない。いざ戦争となれば、艦隊を放り出して一番 に逃げ出すだろう。  役に立たない金食い虫となっている貴族を軍部から放逐する事が、アレックスの最初の 大仕事となった。  人事を握っている軍令部評議会に対し、来年度から貴族を徴用することを禁じ、現在任 官している貴族将軍の給与も段階的に引き下げるように勧告した。軍部統制官の権限であ る予算配分をカットすればそうせざるを得ないであろう。  当然として貴族達の反感を買うことは目に見えているが、誰かが決断して戦争のための 予算を作り出し確保しなければ、銀河帝国は滅んでしまうことになる。  まさか帝国は戦争が起これば、戦時特別徴収令などを発して、国民から税金を徴収する つもりだったのか? それでは民衆の反感を買い、やがては暴動となってしまうじゃない か。  アレックスは、あえて憎まれ役を買って出ることにしたのである。  続いて、統合軍作戦参謀本部に対して、大規模な軍事演習を継続して行うように勧告し て、演習のための予算を新たに与えた。予算の無駄使いのないように監察官も派遣した。  そして、統合軍宇宙艦隊司令部に対しては、新造戦艦の建造を奨励して、老朽艦の廃棄 を促進させた。工廟省には武器・弾薬の大増産を命じた。  軍人なら艦を動かし、大砲をぶっ放したいと思うはずである。しかし、これまでは貴族 達の予算食い潰しによって演習もままならず、大砲を撃ちたくても肝心の弾薬がないとい う悲惨な状態だったのである。まともに動けるのは、辺境警備の任にあって優先的に予算 を回されていたマーガレットとジュリエッタの艦隊だけであった。  すべては起こりうる戦争に向けての大改革である。  後に【統制管大号令】と呼ばれることになる一連の行動は、貴族達の大反感を買うこと になったが、一般の将兵達からは概ね良好にとらえられた。
ポチッとよろしく!
11

« 闘病記・全身性エリテマトーデスとは? | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 V »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 闘病記・全身性エリテマトーデスとは? | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 V »