最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-3 | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-5 »

2019年10月 9日 (水)

あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-4

あっと!ヴィーナス!!

第二章 part-4  その夜。  部屋から一歩も出ることもなく、自分の心境を嘆いて悶々と過ごしていた。 「弘美ちゃん、ご飯ですよ」  そう言えば朝も昼も食べていなかったよ。  家族は買い物ついでに食べてきたようだけど……。  おいおい、母さん。一人のけものはないよー。  とは言ってもこの姿になってしまって、家族と一緒というのも……。  うーん……、困ったなあ。  家族に顔を合わせる勇気がないよお。 「弘美ちゃん、どうしたの? 入るわよ」  いつまでも降りてこないので、母が心配して見にきたようだ。 「朝も昼も食べてないでしょ。それとも身体の具合でも悪いの?」  あのなあ……。食べてないのを知っていながら、そのまま放っておくなよ。  それでも母親か? 「で、でも。みんなに恥ずかしいから……」 「そんなこと気にしてたの? 大丈夫よ、みんなにはそのところはちゃんと言い含 めてあるから」 「でも……」 「いつまでも、そんな事言ってられないでしょ。同じ屋根の下に暮らしているんだ もの。一度顔合わせしてしまえば気にしなくなるわよ。何事もね。でしょ?」 「う、うん」  確かにそうなんだけどさあ……。  でも、その最初のふんぎりってものが、なかなか踏み出せないものだよね。 「じゃあ、下へ行きましょうね」  抱かれるように誘われて、下へ降りていく弘美。  母に付き添われて食堂に降りてくる弘美。  家族一同の視線が集中する。  その中に父さんの顔があった。 「おお! 弘美か、待っていたぞ」  って、何で父さんがいるんだよ。  会社が忙しくて、いつもなら十時以降でないと帰ってこない。当然夕食を家族と 一緒に囲むことなんてなかったのに……。  なんで今日に限っているんだよ。  さては母さんが連絡して、早く帰ってくるように仕向けた? 「うーん。こうして見ると若い頃の母さんそっくりだな」 「でしょ? でなきゃ、この娘が弘美ちゃんだなんて信じられなかったですよ」 「弘美、お父さんはこれから早く帰るからな。今夜からは毎晩楽しい夕食になりそ うだ」  どうしてそうなるんだよ。  そりゃあ、母さんと同じで娘が欲しかったらしいが、会社を早引けして大丈夫な のか?
ポチッとよろしく!
11

« あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-3 | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-5 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-3 | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-5 »