最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-2 | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-4 »

2019年10月 8日 (火)

あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-3

あっと!ヴィーナス!!

第二章 part-3  突然としてそれはやってきた。  朝からどたばたしていたから、感じる暇もなかったんだ……。  目覚めれば誰しもが行きたくなる場所。  精神的に少し落ち着いてきたのと、いつのまにか我慢の限界に近づいていた。 「どうしたの?」 「お、おしっこがしたくなった……」   「まあ、早く行ってらっしゃい」  あわててトイレへ急ぐ。  途中兄さん達に会いませんように。  トイレに駆け込みバタンと扉を閉め鍵を掛ける。  以前なら鍵を掛けることなどしなかった。  しかし困ったぞ……。  便器の前で考え込んでいる弘美。  しかし……どうやっておしっこ……するんだ?  立ってすることはできない。  あたりまえだよ。今は女の子なんだから。  うんこ座りしてするんだよ。  ほら、えっちな本とかに載ってるあの格好すればいいんだよ。  まずはスカートを捲くってショーツを降ろしたら、おもむろに便器に腰掛けるん だ。  それから……。  それからね……。  ……  それからが判らないよー! 「弘美ちゃん。大丈夫?」  ドアの外で母が呼んでいる。 「弘美ちゃん。ちゃんとできた?」  女の子になって、心配して見にきてくれたようだ。 「なんだったら、お母さんがみてあげるわよ」  そ、そんないいよ、そこまでしなくても。  あれ?  いつのまにか出てる……?  尿道が短いから判らないんだ……。 「弘美ちゃん?」 「だ、だいじょうぶだよ」 「そう? もし具合が悪かったら言ってよ。終わったら、ちゃんと紙で拭わなくっ ちゃだめよ」  拭う?  一瞬、何のことかと思ったが、股間を見て理解した。  おしっこが尿道から垂れて股間が濡れてしまっていた。  そうか……。女の子は後始末が必要なんだ……。  男だったら、ナニをつまんで数回振ればいいのだけど。  こんな時は、女の子は不便だ。だいたいからして立っておしっこができないじゃ ない。外出中にしたくなったら、どうすりゃいいんだよ。
ポチッとよろしく!
11

« あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-2 | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-4 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-2 | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-4 »