最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!!第一章 part-2 | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第一章 part-4 »

2019年10月 1日 (火)

あっと!ヴィーナス!! 第一章 part-3

11
あっと! ヴィーナス!!

第一章 part-3  しばらく母娘の抱擁が続いて、やがて静かに母が弘美から離れた。  涙を拭いながら、 「もっと良く見せてごらん」  と、じっと見つめる母。 「いやだ。恥ずかしいよ」 「ふふ……恥ずかしいのは、女の子の証拠よ」 「あたりまえだよ。こんな裸見られたら、誰でも恥ずかしいよ」 「声もすっかり女の子ね。とっても可愛い声よ」 「え? 声?」 「気づいてなかったの?」 「だ、だって、驚いてばかりで言葉を失ってたという感じだったし……」 「いい声だわ。やっぱり女の子はいいわねえ」  もう……。  母さんは、女の子が欲しくてたまらかったから、嬉しくてしようがないだろうけ どさあ……。こっちはそれどころじゃない気分。 「さあて、これから買い物に行かなくちゃ」  ふと弘美から離れて、独り言のように呟く母。 「買い物って?」 「決まっているじゃない。弘美が着る服よ。女の子になったんだから、女の子の服 を買わなくちゃね。今ある服はもう着れないでしょ」 「い、いいよ。今あるやつを着るよ」 「気づいていないの?」 「気づくって?」 「あなたの身体よ。以前より身体が小さく細くなって華奢になってるのよ」 「え? そうなの……?」 「以前の服はだぶだぶでとても着れないわよ。その証拠じゃないけど、サイズを計 らなきゃね。今メジャーを持ってくるわ」  と言って部屋の外に出ていった。  ドアの外から家族の会話が聞こえてくる。 「母さん。ずいぶん遅かったじゃないか」 「な、なあ。ほんとに女の子だっただろ?」 「ええ。正真正銘の女の子だったわ。間違いなく弘美は女の子。しかもとびきり可 愛い女の子になっているわよ」 「だ、だろう。俺は嘘は言わないよ」 「で、どうするんだよ。これから」 「どうするもないよ。弘美はわたしの娘だし、あなた達の妹ということよ」 「妹か……そうだな。妹もいいかも知れないな」 「信一郎兄さんは、肯定するんだね」 「もちろんさ。母さんじゃないけど、俺も妹が欲しかったからな。正直言って、弟 ばかりでうんざりしてたんだ」 「そりゃ、ひどい言い方だよ」 「まあ、そういうわけよ。弘美は年頃の女の子なんだから、これからは許可なく弘 美の部屋に入っちゃだめよ」 「入っちゃだめって、弘美と一緒の部屋の俺はどうするんだよ」 「部屋替えするわ。弘美は女の子だからもちろん一人部屋、武司は信一郎と一緒に する。いいわね」 「俺は構わんよ。まだ見てないけど、とびきり可愛いというんだし、妹のためなら 一歩でも二歩でも譲るよ」 「武司も構わないわね。いえ、これは母の命令です」 「ちぇっ、しようがないな……」 「じゃあ、みんなも納得したところで、これから弘美の着る服の買い物に付き合っ てもらうわよ。女の子は衣装持ち、取り敢えずは一週間分だけど、かなりの量にな るはずだから、荷物持ちお願いね」 「いいよ。みんなもいいな」 「とにかく弘美の事はしばらくそっとしておいてあげてね。いきなり女の子に生ま れ変わって一番動揺しているんだから」 「わかった」 「さあ、みんなそういうわけだから、下へ降りた降りた」  やがて階段を降りていく家族達の足音。  どうやら家族は、弘美を女の子として肯定し、妹として位置付けしてくれたよう だ。  が、その本人の弘美は、一人蚊帳の外。  一体なぜ女の子になってしまったのか、その理由も解き明かされないまま事が進 んでいく。
ポチッとよろしく!
11

« あっと!ヴィーナス!!第一章 part-2 | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第一章 part-4 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!!第一章 part-2 | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第一章 part-4 »