最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 闘病記・序文 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IV »

2019年10月12日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 Ⅷ

第四章 皇位継承の証
                  Ⅷ  アレックスが第一皇子として叙されて以来、宮殿にて謁見を申し出る貴族達が後 を立たなかった。委任統治領を任せられた貴族達の統治領の安寧を諮ってのご機嫌 伺いである。金銀財宝の貢物を持参しての来訪も少なくなかった。  謁見が増えることによって、政治を司る御前会議の時間が割愛されるので、時と して国政に支障が出ることもあるのだが、持参する貢物が皇家の財産として扱われ るので、無碍にも断るわけにいかなかったのである。  アレックスは、賄賂ともいうべき貢物が、当然のごとく行われていることに、疑 問を抱いていた。  しかし、宮廷における新参者であるアレックスには、口を挟むべきものではない と判断した。すでに既得権となっているものを覆すことは、皇族・貴族達の多大な る反感を抱かせることになる。  郷に入れば郷に従えである。  銀河帝国における確固たる基盤を築き上げるまでは、当面の間は目を瞑っている よりないだろう。 「ところで、皇子よ」  謁見の間において、エリザベスが話題を振ってきた。 「はい」 「私は、皇帝の執務代行として摂政を務めているのですが、今後は皇子にもその執 務の一部を任せようと思っています。取りあえずは軍部の統制官としての執務を担 って貰いたいのですが、いかがなものでしょうか」 「軍部統制官ですか?」  宇宙艦隊司令長官(内閣)、統合作戦参謀本部長(行政)、軍令部評議会議長 (司法)。  以上が、軍部における三官職と呼ばれる役職である。実働部隊を指揮・運用した り、各艦隊の運行状態を把握し作戦を協議したり、人事を発動し功績を評価して昇 進させ軍法会議にも諮ったりする。それぞれ重要な役職であるが、横の連絡を取り 全体のバランスを調整するのが、軍部統制官という役回りで、軍部予算の配分を決 定する権限も有していた。現在そのポストは空席となっている。  なお、司令長官は現在空位のままで、次官が代行して執務を行っている。  アレックスを重要な官職につけようとするのには、後々の宇宙艦隊司令長官に就 任させるための、軍部への足固めを図るというエリザベスの思惑があるようである。 「大臣達よ、依存はありませんか?」  エリザベスが、大臣達に確認を求めた。  保守的に凝り固まった大臣達である。  即答は返ってこなかった。  互いに小声で相談し合いはじめた。  その相談の内容としては、第一皇子という地位や共和国同盟の英雄と讃えられる アレックスの将来性などに言及しているようであった。  しばらく、そのやり取りに聞き耳をたてていたエリザベスだが、 「依存はありませんか?」  再確認を求めることによって、やっとその重い口を開いた。 「依存はありません」 「将軍達はどうですか?」  今度は将軍達に確認を求めるエリザベス。 「依存はありません」  元々アレックスに対して好意的だった将軍達が反対することはなかった。  これによって、アレックスは軍部統制官として、軍部の中に確固たる地位を与え られたのである。
ポチッとよろしく!
11

« 闘病記・序文 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IV »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 闘病記・序文 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 IV »