最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 Ⅲ | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-3 »

2019年10月 7日 (月)

あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-2

あっと!ヴィーナス!!

第二章 part-2 「肩紐を腕に通して両肩にかけたら、ちょっと上体を前かがみにしてバストのふく らみをすくい上げるようにしてカップ内に入れて、そのままの状態で後ろのホック を留めるの。カップ下に片手を添えながらアンダー部分、脇、胸元の順に、お肉を ぐっと寄せ集めてカップ内に収めるの、こういう具合に」  いきなり弘美のブラの中に手を入れて、お肉をかき寄せてブラの中に入れてみせ る母。 「きゃ、くすぐったいよ」  感覚が鋭敏になっていた。実際にはくすぐったいを通り越して痛いぐらいだった。 思春期の胸が成長をはじめる頃は、乳首などに痛みがあったり、乳が張ったりする 感覚があるという。 「だめよ。ここはちゃんとしっかりやっておかないとバストがくずれるわよ。そう、 こんな感じでいいわね。前中心が浮いていたらやり直しね。次に上体を起こして肩 紐と身体がフィットするように長さを調節するの。この時軽くカップをすくい上げ る感じがポイントね。最後に後ろホックが肩甲骨よりも下にくるように、バックラ インをグッと引き下げて安定させて完了よ」 「どう、はじめてブラを着けた感じは?」 「なんか変……少し胸が苦しいし」 「ま、最初のうちは苦しいでしょうけど、慣れちゃえばなんでもないわよ。ちゃん としっかり身につけてさえいればね」  弘美、鏡に写ったブラを身に着けた自分自身に見入っていた。 「はい、ショーツ。ブラとお揃いにしておいたわ」 「うん……」  弘美はショーツを受け取ってみるが、その小ささに驚いている。 「こんなに小さいのが入るの?」 「大丈夫よ。伸びる素材だから」  疑心暗鬼ながらも、そっと足を通してみる。  するとショーツは、股間に少し食い込むようにぴったりと収まった。  男だった時は、ブリーフないしトランクスを履いた股間が膨らんでいたが……。  そうか……。男用のパンツなどは【それ】を収める必要から、かつ蒸れないよう に余裕をもたせてあるから、生地も厚手で伸縮性がほとんどない。しかし、女の子 用のショーツは、何もないところを包むだけ……。だからこんな小さくても大丈夫 なんだ。素材も伸縮性のあるものだし。  何もない?  ああ……。やっぱりどうしようもなく女の子している自分を再確認してしまった。 「じゃあ、上着ね」  母はおかまいなしに、着付人形のように弘美に、いかにも女の子した衣服を着せ ていった。  フリルやレース飾りがふんだんに施された純白の木綿のブラウス、ギャザーたっ ぷりの黒のジョーゼットのティアードスカート、とどめは長い髪にアクセントをつ ける可愛いリボン。 「はい、おしまい」  といって母親は鏡の前に弘美を立たせた。 「ほら、とっても可愛いわよ。弘美ちゃん」  そこにはまぎれもない十四歳の女の子の格好をした弘美が立っていた。 「……」  自分でも信じられないという風に、呆然としている弘美だった。 「これが俺?」 「弘美ちゃん、女の子が俺なんて言っちゃだめじゃない。可愛い声がだいなしじゃ ない」 「だ、だってえ」 「女の子らしく『あたし』って言いなさい」 「い、言えないよ……」 「いいから、言いなさい」  母の口調が少しきつくなった。  衣服は勝手に着せ替え人形できるが、言葉は弘美自身の口から発するしかない。  確かに今の自分には、俺って言葉はふさわしくないけどさあ。  しかし、突然言えと言われも困っちゃうよお……。 「あ、あたし……」  喉から絞り出すように、声を出してみる。 「うーん……そうそう、その調子。忘れないでね、弘美ちゃん」  それはいいけどさあ……。 「ところで、その『ちゃん』づけはよしてくれないかなあ」 「どうして? とっても可愛いんだからいいじゃない」 「可愛いってそればっかり」 「ほんとのことじゃない。そうねえ……背の高さがお母さんより高くなったら、 『ちゃん』づけしないで呼んであげるわ」 「それじゃいつになるかわかんないよ」  まったく以前は10cm以上は自分の方が高かったのに……。
ポチッとよろしく!
11

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 Ⅲ | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-3 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 Ⅲ | トップページ | あっと!ヴィーナス!! 第二章 part-3 »