最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・1 | トップページ | 機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 VI »

2019年12月14日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 X

第四章 皇位継承の証
                 X  宮殿謁見の間。 「アレックス、だいぶ活躍しているようですね」  エリザベスは、統制官大号令によって貴族達の反感が高まってきているのを知っていた。 貴族達からの陳情もあったが、あえて是正はしなかった。  ひたひたと押し寄せてくる外敵からの脅威に備えなければならないのは、ジュリエッタ が襲われたことからしても、身に沁みて感じていたからである。 「はい。総督軍なり連邦軍との戦争が間近に控えているというのに、平和的ムードに浸っ ている人々があまりにも多いので、致し方なくはっぱを掛けております」  すると大臣の一人が意見を求めた。 「統制官殿は戦争が間近だとおっしゃられたが、連邦・共和国双方とは友好通商条約を締 結しており、戦争の危惧はないはずですぞ」  大臣達は、貴族達の代弁者でもある。何かにつけて統制官たるアレックスのやることに 異論を訴えていた。 「条約はいずれ破られるものです。過去の歴史をみれば判るでしょう。ジュリエッタ皇女 が襲われたことは知らぬとおっしゃられるか?」 「いや、あれは海賊の仕業だということだが……」 「連邦軍ですよ。連邦艦を偽装して海賊に見せかけてはいるが、内装やシステムは紛れも なく連邦のものです。搾取した艦艇を調べて判明しました。総督軍は着々と侵略に向けて の準備を進めています」  さらに大臣達に脅しをかけるように強い口調で言った。 「もし仮に帝国軍が敗れるようなことになれば、貴族達のすべてが爵位を剥奪され、領地 や土地を没収されてしまいます。よろしいのですか?」  さすがに反論はできないようであった。 「私は、共和国同盟において連邦軍と戦い、同盟が滅んだ今もなお解放戦線を組織して戦 い続けています。解放戦線の情報部からは、リアルタイムで連邦軍や総督軍の動きが、逐 一報告されてきているのです。総督軍の帝国侵略近しとね」  実際に戦い続けてきた解放戦線最高司令官としての発言は、重厚な響きを持っていた。  静まり返る謁見の間。  統制官執務室に戻ったアレックス。  窓辺に佇みながら、眼下の宮殿参りの貴族達の行列を眺めている。 「戦争が間近に迫っているというのに、呆れた連中だな。己の保身のことばかり考えてい る。貢物を献上するくらいなら、民衆にほどこしをするなり、税金を下げるなりしないの だ。賄賂が横行し腐敗政治となっている委任統治領も少なくないという。いっそのこと統 治領を輪番制にして、三年なり四年の任期で、どんどん頭を挿げ替えればいいのかも知れ ないな」 「それは軍部統制官の職務からはずれます」  そばに控えていた次官が忠告した。 「判っている。言ってみただけだ」  軍部統制官の仕事だけで、問題が山積みとなっているのである。 「国政のことを考えている暇はありません」  とでも言いたげな次官の表情である。 「国政に関しましては、皇太子におなりになられた時に、改めてお考えになってくださ い」 「ああ、そうだな……」  それがいつになるかは判らないが……。 「さてと……。明日、明後日は故郷へ里帰りだ。留守の間のことは、予定通りに進めてお いてくれ」 「かしこまりました」  故郷とは、アレックスが生まれ育った土地である。アルビエール候国ハロルド侯爵の領 地、惑星ソレントである。  アレックスがこの大切な時期に、ソレントへの渡郷を決断したのには理由がある。  あることを確認しようと考えたからである。
ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・1 | トップページ | 機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 VI »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・1 | トップページ | 機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 VI »