最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・2 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 Ⅶ »

2019年12月21日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第四章 皇位継承の証 XI

第四章 皇位継承の証
                 XI  首都星アルデランを出立する二百隻ほどの艦隊。  アレックスを乗せたソレント行の一団である。  アルデランを出立して六時間が経過した頃、艦のレーダーにほぼ同数の艦隊が映し出さ れた。 「お迎えがきたようだ」  それはサラマンダー艦隊であった。  旗艦ヘルハウンドに乗り移り、ここまで送ってきた帝国艦隊に帰還を命じた。  それは当初の予定にない行動であった。 「さてと……。奴らが乗ってくるかだな……」  一言呟いて、サラマンダー艦隊に、予定していたコースを進軍させた。  アルビエール候国との領界に差し掛かった時だった。 「右舷三十度前方に、国籍不明の戦艦多数! その数およそ三百隻」  警報が鳴り響き、正面スクリーンには迫り来る敵艦隊が映し出された。 「やはりおいでなすったな。これで帝国内に内通者がいることがはっきりした」  帝国内には、【皇位継承の証】を持つ皇太子に生きていられては困ると考えている連中 がいるということである。彼らはどうやってかは知らぬが、海賊達と連絡を取り合って、 今回と幼少の頃のアレックスを襲って、将来邪魔となる人物であるアレックスを消しに掛 かっているのである。あるいは莫大なる身代金目的の場合もあるだろう。 「戦闘配備! 相手は国籍を隠蔽している海賊だ。徹底的にやっても構わん。しかしリー ダーと思しき艦は足止めするだけにしておけ。捕らえて首謀者を吐かせてやる」  いかに戦闘能力の高い海賊艦とて、サラマンダー艦隊とは比較にもならなかった。瞬く 間に全滅させられ、リーダーらしき数隻がエンジン部を打ち抜かれて漂流していた。  投降を呼びかけるアレックスだったが、リーダー達は無言で自爆の道を選んだ。 「こうなるとは思っていたが……。ま、確認が取れただけでよしとしよう」  海賊艦隊を全滅させて、アルビエール候国へと向かうアレックスだった。  アルビエール候国は、先代皇后の故郷であり、アレックスの故郷でもある。  領主のハロルド侯爵は、自分の甥の来訪を大歓迎した。 「これはこれは、アレクサンダー皇子。よくぞ参られた」 「今日、明日とおせわになります」 「いやいや、二日間だけと言わずに、お好きなだけご滞在なされても結構ですぞ」  血の繋がった叔父と甥という関係なのだから、もっと親しく会話してもよさそうなので あるが、幼少の頃より二十余年もの間音信不通で、形式ばった会話になるのは仕方のない ことだった。 「メグも一緒だと思っていたのですが」  もちろんメグとはマーガレット皇女のことである。 「いや、皇女は謹慎処分が完全に解けていないのです」 「それは残念です。次の機会には兄妹ご一緒にどうぞお越しください」 「ぜひ、そうさせて頂きます」 ポチッとよろしく!
11

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・2 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 Ⅶ »

銀河戦記/鳴動編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・2 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 Ⅶ »