最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« 機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 VI | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第四章 part-2 »

2019年12月16日 (月)

あっと!ヴィーナス!!第四章 part-1

あっと! ヴィーナス!!

第四章 part-1 「さて、みなさん。恒例というか自己紹介をお願いしますね。出席番号順にしましょう」  と言いながら出席簿を広げた。  出席順だったら、弘美は相川だからいつも一番に呼ばれるはずだった。  しかし……。 「相田康平君」 「はい」  と呼ばれて立ち上がる相田君。  はーっ……、とため息をつく弘美。  どうやら男子から女子の欄に出席を移行してあるみたい。  ヴィーナスに手抜かりなしか。  やがて男子が終わって、女子の番となった。 「相川弘美さん」  やっぱりね……。  ちょっと悪戯してみたくなった。 「俺の名前は相川弘美だ。つい昨日の朝まで男をやっていた。こんなことになったのはそ こにいる女神奇麗とか言う教師のせいだ。実は信じられないだろうが、ヴィーナスという 女神で男から女の子にされてしまった……」  とここまで言いかけて異様な雰囲気を感じて、言葉を飲み込んだ。  自分の声以外何も聞こえないのだ。  生徒達のざわめき、運動場からの体育の掛け声、窓際に茂っている木々の風にそよぐ音。  一切が消えていた。  しかも教室を見回してみると、生徒達さえも動きを止めていたのだ。  鼻くそをほじくっている生徒。  背中がかゆいのかシャツの襟から手を突っ込んでいる生徒。  髪の毛の手入れに余念がない生徒。  あくびをして大きく口を開け、手で隠している生徒。  みんな固まったまま微塵も動かない。  自分のまわりだけが時間が止まっていた。  すべてヴィーナスのせいか?
ポチッとよろしく!
11

« 機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 VI | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第四章 part-2 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 機動戦艦ミネルバ 第五章 ターラント基地攻略戦 VI | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第四章 part-2 »