最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!!第五章 part-3 | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第五章 part-5 »

2019年12月25日 (水)

あっと!ヴィーナス!!第五章 part-4

あっと! ヴィーナス!!
第五章 part-4  楽しい夕食のはずだった。  母のお手伝いをして、自分が包丁を入れて料理の下ごしらえをしたのだ。  それはそれでいいとして、問題はここにいる……。 「ヴィーナス! なんでおまえが夕食の席に並んでいるんだよ! それもお父さんの席に 陣取りやがって」 「ん?」  ヴィーナスの前には、酒瓶が並んでいる。  しかもすでにできあがっている。 「いまなんかいったかろー」  酔っ払ってるじゃんか。  人の家に勝手に上がり込んで勝手に酒飲んで酔っ払って、こいつは一体なに考えてんだ か。 「弘美ちゃん、いいのよ。わたし達の願いをかなえてくれたんだもの。これくらいのこと しなくちゃね」 「そうらろ……しなくたいかぬのらろ」  なに言っとるんじゃ。ろれつが回ってない。 「うらうらいってっと、ぶたにしちまうぜよ」  げっ!  豚にされたらたまらん。この酔っぱらい状態じゃ、ほんとにやりかねないぞ。  ここはおとなしく持ち上げていたほうがいいみたいだ。 「はい。ヴィーナスさまには感謝しています。今後ともよろしくお願いします」 「うむ。よろひい!」  と納得して再び酒をのみはじめる。  ほんとにこれでも女神なの?  確かに、女の子にしたり戸籍を改竄したり、関係者を洗脳したりと超人的な能力を持っ てはいるようだけど、人格というか神の資質に問題があるんじゃない?  きっと男女の生み分けの際にも酔っ払ってたとか?  ありうる!  ひとしきり飲んで酒がなくなった後にヴィーナスは帰っていった。  この調子だったら、酒にありつこうと毎晩やってくるんじゃないだろうか。ただでさえ お母さん達は、感謝感激雨霰ってかんじだもんな。 「ねえ、お母さん。大丈夫なの?」 「なにが?」 「酒代だよ」 「心配いらないわよ。弘美ちゃんが女の子でいられるなら、全財産を食い潰されても構わ ないくらいよ」  おいおい。それはないよ。 「それより、今夜は一緒にお風呂に入りましょうね」 「ええ! なんでえ?」 「これから女の子として暮らしていくには、いろいろと避けて通れないこともあるじゃな い。たとえば修学旅行や社会人になれば慰安旅行と、共同浴場に入ることもあるわよね。 当然自分の裸体をさらけ出すことになるし、他人の裸も目に入るわ。そんな時のために今 から経験しておかなければいけないでしょ? お母さんを相手にね」 「そりゃそうだけど……」 「それに女の子の肌や髪はデリケートだから、それなりの身体の洗い方とかも教えてあげ る必要があるの」 「そ、そんなの適当でいいじゃない」 「だめ! ちゃんとできるようになるまで一緒に入るわよ」  言い出したら利かない母の性格だった。 ポチッとよろしく! 11

« あっと!ヴィーナス!!第五章 part-3 | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第五章 part-5 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!!第五章 part-3 | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第五章 part-5 »