最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!!第五章 part-4 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・3 »

2019年12月26日 (木)

あっと!ヴィーナス!!第五章 part-5

あっと! ヴィーナス!!
第五章 part-5  というわけで、今一緒に風呂に入っている。  母とはいえ生の女性の裸を目の当たりにするのははじめてだった。そりゃあ、子供の時 は一緒に入っていた記憶があるにはあるが、異性を意識する年頃になってからはまだ一度 もない経験だった。  あたりまえだ!  この歳でまだ母と一緒に入っていたとしたら常識を疑う。  それがいきなり女の子になって、自らの裸をさらすことも重なって、恥ずかしさの極み だった。  とにかく入浴は、裸と裸のぶつかり合い、じゃなくて……ちょっとエロチックな状態に あるといえた。生身の女性の裸体をさらけ出し合って身体を洗いっこしたりして、 「いやーん。そこ、くすぐったい」 「あらん、ここが感じるのね」  とか言いながら……。  ちがう! ちがう!  なに考えてんだよ。  …………。  胸もあそこも隠すわけにはいかないから恥ずかしくて、見られるくらいならずっと湯船 に浸かっていたいくらいだ。  それじゃあ、のぼせちゃうって。  でも母はまるで気にもかけていない。そりゃまあ、これまでにも公共浴場に入ったこと は数知れないだろうし……。身を分けた実の娘だもんな。 「いい? 女の子の肌はソフトに洗わなければいけないの。特にお顔は念入りに専用の洗 顔フォームを使わなくちゃだめよ。普通の石鹸はアルカリ性で肌を傷めちゃうのよ。だか ら中性か弱酸性タイプの洗顔フォームが必要なの。洗うときはよーく泡立ててから使うの よ。泡で汚れを落とすかんじよ」  とにかく一から十まで、噛んで含ませるように丁寧にレクチャーしてくれる。 「ああ……。やっぱり女の子はいいわよねえ。こんなにも色白で柔肌で、もちもちっとし た感触が最高よ。それに何より一緒に入れるのがいいわよね。これからも一緒に入りまし ょうね」  あ、あのねえ……。 「弘美ちゃん、いいわよね?」  なんて目をじっと見つめられて真剣に尋ねられたら、 「う、うん」  と、答えるしかないじゃないか……。  しようがない、お願いを聞いてあげよう。親孝行の一貫ということで、母親だし。 「だめだめ、だめよ!」  風呂から上がって身体を拭っている時だった。 「身体はともかく、お顔はそんなにごしごしやったらだめじゃない。刺激には一番敏感な 肌なのよ。いい? そっとタオルで押さえるようにするの。押さえるようによ」  とにかく、一つ一つの動作にチェックが入る。  なんて面倒なんだ。  さらにはドレッサーの前に座らされて、就寝前のお肌の手入れだった。 「中学生に化粧は必要ないとは言うけれど、お肌を常に最高の状態に保つためには、やは り手入れは絶対よ。アルカリに傾き加減の肌を弱酸性にするためのローション。入浴で失 ったお肌を覆っていた脂肪を補って、水分の蒸発を避けるための乳液。ちゃんと毎晩しっ かりと手入れをしなくちゃ」  もう……うんざり。 「聞いてるの?」 「聞いてるよ」 「はい! これで完璧よ」  母から解放されたのはそれから三十分後だった。  女の子としての在り方のうんちくをさんざん聞かされた。  こんなことが毎日繰り返されるのだと思うと……。  頭が痛い! 「だから、わたしがあなたのそばに付き添っているのよ」  ヴィーナスの声が聞こえたような気がした。  いや、確かに脳裏に語り掛けてきたようだ。  いついかなる時も、ヴィーナスの庇護下にあるようだ。  パジャマに着替えようとタンスを開けてみると。  ない!  以前着ていた男物の衣類が一切なくなっていた。  捨てられた?  学校に行っている間にだろう。  女の子になったからには、もう必要のないものとはいえ、愛着のある服もあった。それ を無断で処分されては気分を害された感じ。 「いつまでもうだうだ言ってんじゃないよ。いい加減あきらめな」  ヴィーナスの声だ。  四六時中監視されているというところかな。  ところで女神も寝るのだろうか?  酒なんか飲んで酔っ払っているところをみると、いかにも人間臭いからやはり寝るんだ ろうな。  しようがねえな……。 ポチッとよろしく! 11

« あっと!ヴィーナス!!第五章 part-4 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・3 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!!第五章 part-4 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・3 »