最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!!第四章 part-3 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・2 »

2019年12月19日 (木)

あっと!ヴィーナス!!第五章 part-1

あっと! ヴィーナス!!(11)

第五章 part-1 「弘美ちゃん、足を合わせてみて」  ここはシューズフィッターのいる靴屋さんだ。  学校から帰るとすぐに母に連れられてやってきた。  歩くことは毎日の生活と健康の要であり、その足を収める靴はぴったりと合っていなく てはならない。  シューズフィッターに足型を取られたり、見本の靴で店内を歩き回ったして具合を確か めたりしたあげくに、これが最適という靴を示されたのだった。  通学用の黒色の革靴と、私用の可愛いデザインの黒色の革靴、そして可愛いデザインで 明るいパステルカラーの靴との三足。  そろりと足を靴にいれてみる。 「ちょっときついかな……」 「これくらいが丁度よろしいかと思います」 「そうよ。朝と夕では足の大きさが変わるのよ。むくんじゃうのよね」  朝起きた時と夕方では、足のサイズが変わっているということは、シューズフィッター の基本常識だ。 「そうなの?」 「はい。おっしゃるとおりです」 「ちょっと歩いてみなさい」 「またなの?」  靴を選ぶのにさんざ歩いた後だからもううんざり気分だった。 「だめよ。ちゃんと合ってるかどうかを確かめてから買わないと後で後悔することになる んだから」  それから三足それぞれ履いて店内を歩き回って、結局その三足を買うことに決めた。 「通学用は、もう一足はないと困るから、今の靴の様子を見ながら、いずれまた買いまし ょうね」  はいはい。  もう疲れたよ。  だいたいからして、朝から履き慣れない革靴で歩き続けて、棒のようになっていたと言 っても過言ではない。  靴の入った買い物袋片手に、母の運転する車に乗ろうとすると、 「弘美ちゃん、そんな乗り方しちゃだめよ。来るときに注意したでしょ」  と叱られた。  車に足から入ったからだった。  女の子が車に乗るときは、まず後ろ向きに足を揃えながら、スカートが皺にならないよ うに注意しながら(つまり手を添えて)、お尻からシートに座って、おもむろに両足を車 の中へ運び入れる。  誰も見てなきゃどうでもいいじゃないかと思うのだけどね。 「だめだめ、身だしなみというものは、常日頃からしっかり身につけていないと、いざ素 敵な男性にドライブに誘われた時に、墓穴を掘ることになっちゃうわよ」  あのねえ……。  なんでいきなりそんな話しになるんだよ。十年早いよ。  一旦降りてから、もう一度女の子らしい乗り方をする。そうしないと乗せてくれないの よね。もう……。 「ええと……。まだ時間があるわね」  腕時計を見ながらあたしを見つめた。  な、なに? なにかあるの……。 「ついでだから、もう一件回りましょうか」  と言って車を走らせた。 「どこ行くの?」  尋ねてみると、 「行けば判るわよ」  答えてくれない。にこにこと微笑みながら鼻歌まじり。
11

« あっと!ヴィーナス!!第四章 part-3 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・2 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!!第四章 part-3 | トップページ | 冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・2 »