最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!!第五章 part-2 | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第五章 part-4 »

2019年12月24日 (火)

あっと!ヴィーナス!!第五章 part-3

あっと!ヴィーナス!!
第五章 part-3 「疲れたあーっ!」  家に帰りついて、ソファーに寝そべるようにして、足の疲れを癒す。  とたんに、 「弘美ちゃん、はしたないわよ」  と注意される。 「へい、へい」  起き上がって、腰掛けるように座ると、 「両足は広げずにちゃんと揃えてね」  となる。  女の子としての躾に、一所懸命なのは理解できるけど……。  ああ、女の子ってなんて面倒くさいんだ。  なんて考えていると、 「はい、弘美ちゃん」  何か手渡された。  広げてみると……。 「エプロンじゃない……」 「そ、夕食の支度のお手伝いね」 「な、なんでえ! 今まで、そんなことさせなかったじゃない」 「お料理は、女の子のたしなみよ。お手伝いしてもらいながら、少しずつ教えていくから ね」  そんなの男女不平等だよ。  男が料理したっていいんだから。  女の子だからっている理由だけで……。 「はい、はい。お台所へ行きましょう」  しかし、母さんには通用しないみたい。  ヴィーナスじゃないけど、このあたしを女の子として人前に出しても恥ずかしくないだ けの躾をしようと一所懸命なのだ。  ほとんど強引に台所へ連れていかれて手伝いをさせられるはめになった。  それから包丁を持たされて、下ごしらえとしてにんじんやら肉などのカットをやらされ た。  手伝いをすること小一時間。  そのうちに三々五々家族達が帰ってくる。 「母さんのお手伝いか。弘美ちゃん、えらい!」  そう思うなら兄さんも手伝えよ。  しかしそれっきりリビングに行ってしまった。  母も兄弟達には手伝わせる気はないようだ。 「いいわ。弘美ちゃん、テーブルにお皿を並べて頂戴」 「うん……」  すでにテーブルには皿や茶碗が重ねて置いてある。それを各自の前に並べていく。 「それじゃあ兄さん達を呼んできて」  兄弟は全員帰ってきていた。  母の家庭方針で、食事時間は午後七時と決められていた。  家族はそれまでに帰るか、遅くなるときは必ず連絡することになっていて、全員ちゃん と守っていた。そういった物事のけじめには、幼少の頃から厳しい母だったからである。
11

« あっと!ヴィーナス!!第五章 part-2 | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第五章 part-4 »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!!第五章 part-2 | トップページ | あっと!ヴィーナス!!第五章 part-4 »