最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!!第三章 part-4 | トップページ | 全身性エリテマトーデスとは? »

2019年12月12日 (木)

あっと!ヴィーナス!!第三章 part-5

第三章 part-5

「あ! 沢渡君よ」
 と、明美が指差す先には、校内随一いや川越市で一番の暴れん坊の沢渡慎二が歩いてい
た。高校生だって恐れおおのく、二つ名で「鬼の沢渡」と呼ばれる荒くれ男だ。彼に睨ま
れたら、骨の二三本も折れれば恩の字で即病院送りは確実。見てみろよ、男達は彼が通れ
ば道を開けてびくびくしている。
「沢渡君、おはよう!」
 美奈が挨拶する。
 おいおい!
 関りになりたくない。
「ああ……おはよう」
 ぼそりと答えて行ってしまう。
 あれ?
 あれが鬼の沢渡と恐れられている男か?
 あ、そうか……思い出した。
 男相手には容赦のない彼だが、女の子にはよほどのことがない限り手を挙げないことで
も有名だった。それどころか、女の子が男達に絡まれているのを見掛けると、その男達を
叩きのめし、女の子を救い出して名も告げずに去っていく。
 男達は震撼するが、女の子達には救世主なのだった。
 今の弘美は女の子だから……安心していられるわけだ。
「近寄りがたいけど、女の子にはやさしいからね……」

 きーんこーんかーんこーん♪

 学園内に予鈴が鳴り渡った。
 まもなくホームルームがはじまる。
 それぞれの教室へと入っていく生徒達。遅刻しそうになり駆けている者もいる。
 3年A組。
 それが弘美のクラスだった。
 教室に入り、いつもの席に座る弘美。いつもと言っても以前までは男として座っていた
場所だ。しかし身長が低くなった分、机がちょっと高すぎるように感じる。
 教室の廊下側の窓に、すらりとした女性のシルエットが映った。
 からりと乾いた音とともに扉が開いて入ってきたのは……。
「ああ! ヴィーナス!!」
 なんでこんなところに?
「起立!」
 クラス委員長で、生徒会会長でもある鶴田公平が号令を掛けた。
 一斉に立ち上がる生徒達。
「礼!」
「着席!」
 いつものホームルームの情景だ。しかし肝心の教師が違う。
 ヴィーナスは、チョークを手に取り、黒板に向かって文字を書きはじめた。どうやら名
前らしい。

 女神奇麗

 と書き綴った。
 おい!
 いくら何でも、その名前はないだろう。
「新任の担任の女神奇麗です。めがみ・きれいと読みます。先日寿退職した先任の先生に
変わって担任となりました」
 ちょっと待て!
 なんでヴィーナスが教師なんだよ、それも担任……。
11

« あっと!ヴィーナス!!第三章 part-4 | トップページ | 全身性エリテマトーデスとは? »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!!第三章 part-4 | トップページ | 全身性エリテマトーデスとは? »