最近のトラックバック

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

他のアカウント

« あっと!ヴィーナス!!第二部 第一章 part-10 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦 第二部 第四章 皇位継承の証 XV »

2020年1月17日 (金)

冗談ドラゴンクエストII 冒険の書・6


冗談ドラゴンクエスト II 冒険の書・6

 

ナレ「毒モンスターやギラ使いの『まじゅつし』を倒しながら、サンペタへやって来たの
だった」
勇者「まずは、セーブだな。王様は……いるはずないか」
王子「とにかく情報集しましょう。セーブの仕方も判るでしょう」
勇者「おい、犬!セーブ場所はどこだ?」
王子「犬が、知るわけないでしょ。そもそも喋らないし」
勇者「だがよ、後ろにくっついて、一緒に着いてくるぜ」
王子「懐いてますね」
勇者「お!町の隅っこに誰か佇んでいるぞ。こういう奴に限って、重要なヒントをくれる
はずだ」
兵士「じ、じぶんがはずかしい!私はあまりのおそろしさに、城から逃げ出したのです。
今頃、サンブルグの城は……。ああ、王女さまっ」
勇者「なんだ、脱走兵か」
王子「それを言っちゃ可哀相ですよ。だれだって逃げ出しているんですから」
勇者「おい、そこの女」
女 「まあ、あなたはもしや勇者さまではっ!?私はむかしルーラシア城におつかえしていた者です。こんな所で勇者さまにお会いできるなんて。ああ、夢のようですわ!」
勇者「おおそうか。じゃあ、セックスしようぜ」
女 「まあ、あなたはもしや……以下略」
勇者「つまらんな……所詮NPCキャラか、ふん!」
王子「決まり文句ですからね」
勇者「宿屋にいる奴、何か情報持ってるかな。おい、そこの男」
男 「まったくぶっそうな世の中になったもんですなあ。この前もサマートリアの近くでスリにあいましてね。幸い犯人は見つかりましたが。まあ、今頃は牢屋の中でしょうね。わっはっは。」
勇者「ふむ、そういえば、地下牢にいたな。『ろうやの鍵』欲しがってるやつ」
王子「だめですよ。悪人の言うこと聞いちゃ」
勇者「聞くだけなら。大丈夫だろ?」
王子「そうですかね……何かありそうですが」
勇者「お、壁と壁の隙間に縮こまっているじじいは?」
王子「立ちションしているのでは……」
勇者「よし、また話しかけてみよう。リアクションが面白そうだ」
王子「面白がらないでくださいよ」
勇者「いいから。おい、そこのじじい」
翁 「なんと ここでも そなたの旅を 冒険の書に記録することが できるのじゃ。便
利な世の中になったものよのう。勇者が次のレベル……そなたの これまでの旅を 冒険
の書に記録してよいな?」
勇者「おお!もちろんだとも」
翁 「たしかに 書きとめておいたぞ!まだ休まずに冒険を続けるつもりかっ?」
勇者「いいえ、と答えたらどうなる?」
翁 「では ゆっくり休むがよい。王子よ!そなたが もどるのを待っておるぞ」
ナレ「そしておなじみの音楽と共に、タイトルメニューに戻るのであった」
勇者「冒険を再開して、冒険の書をポチッとな。お!始まったぞ」
王子「何やってるんですか。冒険を中断してどうするんですか?」
勇者「悪い、悪い。ちょっとためしにやってみたかったんだ」
ポチッとよろしく! 11

 

« あっと!ヴィーナス!!第二部 第一章 part-10 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦 第二部 第四章 皇位継承の証 XV »

ファンタジー小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あっと!ヴィーナス!!第二部 第一章 part-10 | トップページ | 銀河戦記/機動戦艦 第二部 第四章 皇位継承の証 XV »